FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

元気をだして(Ⅱ)-第9回六弦倶楽部練習会

21第9回練習会(吉田撮影)02


ボルサリーノ

 さて、今回のわたしのソロ演奏曲は、以下の3曲です。

   1.ボルサリーノ Borsalino (インストルメンタル)
   2.メドレー: プライド~元気をだして(インストルメンタル)
   3.レッティン・ゴー Lettin' Go(インストルメンタル)

 今日は、ボルサリーノについて説明します。

1.ボルサリーノ Borsalino
 前2回はハワイアン・スラッキーをトップにもってきました。スラッキーギターは易しいとはいえないけれども、難しいというほどでもなく、なにより和声やメロディやリズムが新鮮で、とても楽しめました。おそらくケオラ・ビーマーの教則本が初心者向けだったのでしょう、3日ばかり練習すれば、人前で演奏できるレベルにはなるから、今回もその程度のインストをトップにもってこようと決めていて、なんとなく、チェット・アトキンスの「ボルサリーノ」が頭に浮かんだのです。
 チェット・アトキンスはすでに「わたしの好きな3大ギタリスト」の殿堂入りを果たしております(残りの2名については不確定)。ですから、もちろん、ビデオもDVDもCDも楽譜も結構たくさんもっています。たしかどこかの映像で「ボルサリーノ」がテーマソングのように使われる演奏をみた記憶があるのですが、思い出せない。なにより、わたしたちを魅了したのはトミー・エマニュエルとの共作『the day finger pickers took over the world』(1997)のトップにでてくる「ボルサリーノ」ですよね。天気の良い日に、あのアルバムを聴きながら運転すると、ほんと気分がよくなる。

08ボルサリーノ01立位置02顔02圧縮

 で、「ボルサリーノ」を聴いている限り、そんなに難しくはないだろう、という先入観を抱いてしまい、これが致命傷になりました。まずタブ譜がない。ネットを荒らしまわって、きわめて簡略的なタブ譜(http://www.allguitartabs.com/t/186700/tommy-emmanuel--borsalino--tab)を発見しました。
 でも、このタブにはまいった。間違いだらけでして、「ないほうがマシだ」とまでは言えないけれども、ほんと解読に苦労しました。なんとか正式なタブ譜を入手したいと探し回り、果てにはプー横丁にまで探してもらったんですが、結局入手出来ず仕舞い。3日間ぐらい、もう全然弾けなくて、あとはユーチューブを必死で目コピーして、練習会間際の10日間は「ボルサリーノ」の訓練に圧倒的に時間を費やしてしまい、それがまたしても「レッティン・ゴー」の不出来をもたらしたといえなくもありません。
 口では表現しにくいので、ともかく挑戦してみてください。ほんと、やっかいな曲です。トミー・エマニュエルの演奏はユーチューブとDVDの両方で確認しましたが、ちょっと上手すぎて参考にしにくいですね(やっぱり大柄で手の平の大きな人は有利だな)。むしろ、素人さんたちのコピー映像が大変役にたちました。

08ボルサリーノ01立位置02顔01圧縮


[元気をだして(Ⅱ)-第9回六弦倶楽部練習会]の続きを読む
  1. 2008/10/29(水) 02:00:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2008/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search