FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第6・7回「建築と都市の歴史」応用編

安土模型制作01


第6回: 見寺本堂模型制作に苦しむ

 2年生のTO.YOです。
 まず最初に申し訳ありませんでした…。忙しさにとりまぎれてというか、それは言い訳ですが、レポートを書くのをすっかり失念していました、ごめんなさい…。というわけで、先週の自分を思い出して11月6日(木)の見寺本堂模型制作についてレポートを書きたいと思います。

 4年生の大先輩の卒業研究でもある「見寺本堂コンペ」の模型制作を手伝わせていただきました。見寺の歴史やコンペについてはこの前の週にレクチャーいただいたのですが、歴史好きの私としては聞いているだけで楽しかったです。お寺が建てられた経緯を聞くだけでうきうきします。…もしかして私だけですか。
 今期のプロ研は、環大近辺の名建築を観に行くのと、先輩方の模型制作に参加させていただくのがメインなわけですが、正直言うと、私は模型の制作は苦手です…。苦手だからこそ克服しなければいけないと決意だけはしていたのですが、大学の名前さえかかっているコンペの審査会に提出する模型を手伝うことになるとは思ってもいなかったので、いろいろな意味でご迷惑をおかけしそうな予感がし通しで、すごく不安でした。

安土模型制作02 まず見寺本堂の復元図面をいただいて、私達2年生は土台?を作ることになりました。とは言っても、手本になるよう先輩方が前もっていくつかパーツを作ってくださっていて、それを見よう見まねで作っていったのですが…。今まで模型制作では主にスチレンボードしか使ったことがなく、この見寺の模型では木の細い材を使っているので、まずカットに苦心しました…。でも作業が終わるころには、のこぎりさばきが上達しました。何事も挑戦ですね。チェスト!
 鳥取では模型材料の種類があまり多くそろっていないということで、長さに合わせて切るだけでなく、太めの材を削って細くしたりという作業も行ったのですが、模型が苦手な人間としては、ここまでの作業はまだぎりぎりついていけました。問題は、切り出した(削りだした)各部材を接着するときです。今回は木工用ボンドとアロンアルファの2種の接着剤を臨機応変に使うべし、とのことでした。それぞれの弱点と利点は、木工用ボンドは完全にくっつくのに時間がかかるが一度くっつくととても強いのに対して、アロンアルファはくっつくのは早いが耐久性は木工用ボンドに比べれば弱い……ですよね?間違っていたらごめんなさい…
 それで私はほとんどボンドを使っていたのですが、これが…うまく…いかず…。そのあとアロンアルファを使ってもきれいにくっつけることができなかったので、けっして接着剤のせいではなく、使っている人間が不器用なだけなのですが、現に横で他の二年生が、私が1本くっつけている間に10本くらいくっつけていました…。皆とても頼りになります。ありがとうございます。接着をするときには、当然のことながら、接着剤がはみ出て外から見えたりしないよう、きちっと量を調節することも重要、ということでした。でも、だからそれが難しくて…って私の話はもういいですよね…。

安土模型制作03パネル


[第6・7回「建築と都市の歴史」応用編]の続きを読む
  1. 2008/11/15(土) 15:46:50|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

10 | 2008/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search