FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

陰陽五行の松

 こんにちは、環境デザイン学科2年生のTO.YOです。2008年11月17日に訪れた鳥取県中部の名建築のうち、私は尾崎家住宅の主に庭園についてレポートを書きたいと思います。尾崎家は、国指定名勝「松圃園」をもつ大邸宅で、もともと非公開の建物とお庭ですが、尾崎さんご夫妻のご好意により見学させていただきました。ご主人、奥様、本当にありがとうございます!

 東伯郡湯梨浜町に構える尾崎家の建造物は、江戸中期もしくはそれ以降に建てられたとされ、「松圃園」も江戸中期(18世紀中頃)の作庭と推定されています。
 松圃園は、先にも紹介した通り、昭和12年に国の名勝に指定された高名な庭園です。25坪の池を中心として、総面積は約132坪あり、植栽にはクロマツ、モッコク、ソテツ、ツバキなど、30種類以上の樹木が使われています。庭園については、ご主人自らお話ししていただきました。ありがとうございます。松圃園は「池泉鑑賞式」と呼ばれるお庭です。「池泉鑑賞」式庭園は、歩いて観て回る庭ではなく、座敷の縁側など外側から鑑賞することを念頭に作られた庭のことをいうようです。私達も主屋の縁側から庭を見せていただいたのですが、とても心が和まされ、いつもと時間の流れが違うような不思議な感覚を受けました。池は鶴が羽ばたく姿を模している「鶴池」で、右端が鶴の頭で、細くなっている部分が首、そこから左へ続いていく部分が翼を象っています。また、鶴池には、亀島が浮かんでいます。

 1-尾崎家母屋 2-庭園1 3-亀島
【画像 1-尾崎家母屋】     【画像 2-庭園】         【画像 3-亀島】
 
 亀島も、亀の頭や尻尾の形に似た石があしらわれており、島全体で形を表現しています。鶴と亀は昔から吉祥の象徴とされ、日本庭園にはよく鶴島と亀島が見られますが、この庭園では「鶴池」と「亀島」になっています。鶴池の上に亀島が浮かんでいる、という風景がとても優美でした。
 続いて、植栽についてです。写真にも映っていますが、松の樹が特に印象的に植えられています。これらの松には名前が付けられています。「月の出の松」はもともとお庭の入口から見ると、月と重なるよう計算して植えられていたため、この名前となりました。今ではお庭を囲うための土塀を作るために違う位置に移植されているのですが、この松がこの庭園の中心となる松だそうです。次に、「袖上の松」。これは、庭園の外側からの写真になりますが、入口の袖に植えられており、お客様を出迎えるように植えられています。亀島に植えられている松は「相生の松」。ここに生えている2本の木は、互いに別の方向に曲がっていくように植えられているそうです。
 そして私が最も興味を引かれたのが、縁の正面にある「来迎の松」と呼ばれる尾崎家秘伝の松です。この松では、枝と幹によって易の思想「陰陽五行(五行=木、火、土、金、水)」が表現されています。五行の「木」「火」「土」「金」「水」の5文字が表されているのです。

 4-袖上の松 5-陰陽五行の松
【画像 4-袖上の松】     【画像 5-陰陽五行の松】

 木・火・土・金・水と枝振りの関係は、ひと目見ただけでは容易には班別できませんでした。そこで、いくつかの写真を検証して、私なりの解釈を写真で示したいと思います。
 木、土、などは縁から見て取れるように示され、逆に火・金・水は、上から見て取れるような奥行きがあるのではないかと考えました。今回、縁から撮った写真のみで検証したため、写真では見えていない枝もあるかと思います。

圧縮6-陰陽五行の解釈(まとめ)
【画像 6-陰陽五行の解釈】

[陰陽五行の松]の続きを読む
  1. 2008/12/02(火) 12:50:18|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

asa

11 | 2008/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search