FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

風流韻事

雪景色01

 昨夜(12日深夜)はあれから真の雪作務がまっておりました。
 ココスでいつもの「10種類の野菜リゾット」をたいらげ、悠々と寺町に戻って、コトの重大さに気づいたのです。深夜の1時半。駐車場に車はほとんどいない。ただ、すごい雪が積もっている。雪掻きして車を入れるだけで45分ぐらいかかっただろうか。最後はベソかいちゃいましたよ・・・許してくださ~いって。
 あぁ・・・ほんと、まだ筋肉が痛いんだから。

風流韻事 一夜あけ、なんとか駐車場を脱出して通学。学生は少なくて、演習のチェックを始めると、JRの遅滞証明書をもって学生が少しずつ増えてきましたよ。昼食で学食に移動する途中もずっと「3年ぶりの豪雪」の話題だったんですが、情報メディアセンター前ギャラリーの書道部の展示をみて、中国系マレーシア人の某准教授がニタニタ笑っているんです。意味が分からない。

   「風流韻事」

という四字熟語が可笑しいんだそうです。なにが可笑しいんだろうか。さきほどネットで意味を調べたんですが、

   詩歌、書画、華道、茶道などの風流な遊び。 「風流」は、俗から離れ
   自然を友として詩歌や書画などを作る高尚な遊び。「韻事」は、詩文。
   類義語に「嘯風弄月(しょうふうろうげつ)」、「風流三昧(ふうりゅうざんまい)」
   などがある。

とあって、別になんてことはないのですが、准教授によりますと、「風流韻事」には「色事」の意味があるそうです。「韻事」を「陰事」にひっかけているのかな?? 
 この話は学生たちにも結構うけて、しばらく「風流」という言葉が流行りそうな気配です。

 この日、大きな荷物が届きました。じつは香典返しでカタログが送られてきて、そのなかからわたしが選んだものなんです。籐のソファ(↓右)なんですが、下に引き出しもついている。教授室の椅子を4つ並べにして熟睡する時間が1~2時間から3~4時間に増加しつつあり、床にはいろんなものが段ボール箱にいれて無雑作においてある(↓左)。このソファさえあれば、ゆたぁっと眠れるし、モノは片づく。一挙両得だと思ったのです。
 ソファbefore
ソファafter 効果テキメンでありました。3年生たちが茶室の雪下ろしから帰ってきて、ノビタのグラッパを囲み、ささやかな新年会を催したのですが、酔っぱらったわたしは、午後8時半ころからこのソファに横になり、魔法のベストを頭から被ると、たちまち爆睡状態に陥って目覚めたら、深夜の1時過ぎ。4時間半も眠ったんだろうか、ほんと、自分でも信じられません・・・最長不倒記録であります。センター入試監督の前日、大雪ならば、ここで泊まればよいんだな。

[風流韻事]の続きを読む
  1. 2009/01/14(水) 16:35:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

asa

12 | 2009/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search