Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

条件変更による事実上の内定取り消しについて

 「内定取り消し」に怯えていたのは、いまはなき某院生君であったが、かれはおそらくすでに辞令を頂戴して関東で研修を始めていることだろう(大丈夫かな?)。

マドモアゼル 人ごとではなくなった。次女が被害にあったのだ。なかなか質の悪いやり方です。「内定取り消し」の通知を使わずに、入社を自主的に断念させようという狙いが透けてみえる「店舗閉鎖=人事異動」の手口。今回の場合、なにより通達の「時期」が尋常ではなかった。

 事件が勃発したのは3月27日。娘の就職内定先から一通の速達が届いた。封筒をあけると、「日本の経済環境を踏まえたグループの方向性」と題する書類が入っている。世界的金融危機による経済環境の悪化に早急に対応するために本年8月1日をもって大阪店を閉店する、という通達である。次女はこの大阪店で働くことになっており、昨年10月より月に2回のペースで研修に通い続けてきた。会社によれば、この研修は「バイト」であり、バイトに来ない内定者もいるから雇用とは関係ないというが、次女は大阪店での就労を前向きにとらえて研修に通い続けてきたのである。

 最後の3行にはとくに注目されたい。

   大阪店を8月末退去とし、大阪店勤務予定者に関しましては、4月1日より
   実施します研修の状況によってご本人の適性を判断させていただき、
   勤務地変更を行います。勤務地変更に関しましては追って通知致します。

 母親の病状のこともあり、奈良の自宅から通勤できる範囲で就職先を探してきた次女にとって、大阪店の閉鎖は事実上の失職を意味する(他の店舗は東京と静岡のみ)。
 さて、この文書は2009年3月17日付の発行となっている。しかし、封筒のスタンプをみると、3月26日午後に奈良西郵便局に届いたことが分かる。わが家に届いたのは翌27日。

   3月27日にこの文書を受け取ったのです。

 投函地は静岡。「速達」の朱印が押されているので、投函日は3月25日と思われる。一方、次女の大学の卒業式は3月21日であった。学位を授与された後にこのような文書で通知されても、次女には選択肢が2つしか残されていない。一つは就職を断念すること、いま一つは内定先の指示に従って入社し、8月末まで大阪店で働くこと、である。
 次女はたちまち入社の意欲を失ってしまった。28日・29日は土日なので、会社にも大学にも連絡はとれない。30日(月)になって、娘は朝から大学にでかけ、就職担当者と話し合ってきた。担当者によれば、こういう「条件変更」等による就職意欲の喪失を狙う手口はいくつか報告・報道があるけれども、「内定取り消し」ではないので、大学側としては抗議しにくいし、抗議しても効果はない、と言われたという。

条件変更01内定取消01記事
↑朝日新聞夕刊(大阪本社)2009年3月31日の記事。
 「続き」に分割掲載した画像をクリックすると、
 文字が読めます。

[条件変更による事実上の内定取り消しについて]の続きを読む
  1. 2009/04/02(木) 00:17:20|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

03 | 2009/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search