Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

2009 入学式

2009卒業式01
 
 4日(土)、入学式が無事終わりました。

 今年は、驚いたことに、開学以来初めて、前年度の入学者数を上回るというだれも予想しなかった「小さな幸福」に恵まれ、教職員一同、安堵の胸をなでおろして入学式を迎えました。とても不思議な結果なんですね。入試の志願者・合格者数は昨年を下回っているのに、入学者数が昨年を上回ったんです。これからじっくり現象の背景にメスをいれていかなければなりませんが、世界大恐慌の影響を無視できないだろう、と個人的には思っております。世界大恐慌の嵐が家庭にまで吹きすさび・・・むぅぅぅ、これ以上拙速な見解を述べるのは控えましょうか。
 ただ、ひとつ気になっていることがあります。ETCがバブルに浮かれているでしょ。言うまでもなく、あれは「期間限定」の高速料金値下げサービスの恩恵にあずかりたい、という欲望のあらわれでして、恥ずかしながら、わたしもさっそくETCをセットアップし(補助金は受けていません)、いまカードが届くのを待っています。あれほどETC嫌いだったのに、値下げサービスの幅が尋常ではないので、とうとう手をだしてしまいました。なんたって、奈良-鳥取の長距離運転をまだまだ続けなきゃなりませんから。
 なにが言いたいのかというとですね、今年度の特異な入試成果を考慮するらば、思い切って「期間限定」の授業料値下げサービスに踏み切るのも決して悪くはないだろう、と頭に思い浮かんだわけです。深刻な経済不況のなかのETCバブルがシミュレーションたり得るのかどうか・・・・

 今年から入学式は本学の11講義室でおこなわれることになりました。世間では学内から学外へと式場が移る傾向があるそうですが、本学はその逆。でも、べつに卑下することは全然ない。11講義室は故内井昭蔵(建築家)の傑作ですから。なかなか風格のあるホールですよ。スポンサーを探して冠名称を付ければ箔が付いて、学内の名物ホールになるかもしれません。今年は珍しく平井知事が代理ではなく自ら出席され、祝辞をいただきました。グリーン・ニューディール政策など最新の話題を盛り込んだイキの良いスピーチで、副知事時代とはやっぱり迫力が違う、というか、さすが選挙に勝つ人の話しっぷりはたいしたもんだ、と感心しきり・・立て板に水を流すようなスピード感のある祝辞でした。

2009卒業式03剣舞


[2009 入学式]の続きを読む
  1. 2009/04/06(月) 00:07:41|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

asa

03 | 2009/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search