FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

爵士四重奏(Ⅰ)

ゆきやなぎ02

 3月14日、ネパール旅行最後の一日の昼下がり、半時間だけタメルという下町の商店街で買物をした。わたしはCDショップに直行。ベトナムと同じで、英語版のジャケットに漢字タイトルを貼り付けた中国からの輸入盤が溢れている。時間がなかったから、選ぶ余裕もへったくれもなく、だっだだだっとCD6枚、DVD2枚を買い漁った。
 ミニバスに到着する直前、「タメぶら」されていたご婦人二名と合流。合流するや否や、高山さんはわたしの買物袋を許可なくとりあげてCDをじろじろチェックし、セレブ調に申されました。

  「あっ、ジャック・ジョンソン、お好きなんですか・・・でも、ニール・ヤングは
   ちょっとオジサンって感じ・・・」

  (オジサン??・・・オバサンがオジサンって言うな!)

 今回の拾い物は2枚組DVD『爵士四重奏-完美之夜演唱會實況-』。「爵士」を北京語で読むと「ジャンシ」ですが、広東語だと「ジャッス」に変わる。ここまで書けばおわかりでしょう。「爵士」は「ジャズ」。だから、「爵士四重奏」を直訳すると「ジャズ・クァルテット」となります。もちろん、そんな固有名称をもつバンドは存在しない。「フォープレイ」のことですね。
 オリジナルのDVDタイトルは『An Evening of Fourplay』。1994年のリリースだから、まさに第1期フォープレイの全盛期にあたる。フォープレイの結成は1990年で、デビュー作『フォープレイ』(1991)、第2作『ビトゥイーン・ザ・シーツ』(1993)、第3作『エリクシール』(1995)がいずれもゴールド・ディスクを獲得し、第3作はグラミー賞にノミネートされた。
 じつは、ほとんど毎晩、このDVDを視ながら眠りについている昨今です・・・睡眠をいっさい妨げない心地よい音楽に感謝。

 リー・リトナーというギタリストには偏見を抱いていた。正直、脱帽しました。これまで『キャプテン・フィンガー』ほか3~4枚のリーダー・アルバムを入手し聴いてきたが、あまり良い印象をもっていなかった。ジャズ系というよりもロック系のフュージョン・ギタリストで、ラリー・カールトンの『夜の彷徨』に匹敵するようなインパクトのあるリーダー作はない(と思っていただけで、ほんとはアル)。わたしのなかでは、あきらかにカールトンのほうがお気に入りだった。ところが、第1期と第2期のフォープレイを比較して、リトナーを擁する第1期のほうがはるかに評判が良く、その理由をはかりかねていたのである。

[爵士四重奏(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2009/04/11(土) 00:06:18|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

03 | 2009/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search