Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第3回「古民家のリサイクル -カマド復元と蕎麦打ち-」

カマドか解体前【解体前のカマド】
  

 お久しぶりです。新4年の狩人改め黒猫です。とうとう4年になって、就職戦線もたけなわ、学業と就活をともに頑張っていきたいと思います。

 2009年前期プロジェクト研究1&3「古民家のリサイクル-カマド復元と蕎麦打ち-」では、2年ぶりに鳥取市倭文の加藤家住宅修復プロジェクトが再開されました。私とガード君は1・2年生7名のプロジェクト研究を指導する立場となり、それを卒業研究に結びつけることができれば幸いです。4年としての自覚と責任を持ち、このプロジェクトが成功するよう、うまく1・2年生をリードしていきたいと思います。
 さて、2年半前の第1期修復工事の際、トオリニワの板間上におかれていたカマドを解体し、その部材を裏庭にブルーシートでくるんで放置していました。このカマドを、とりあえず原位置に復元しなければなりません。

 ASALABのモットーは「セルフビルド&ゼロエミッション」。大学裏山の「ツリーハウス」「廃材でつくる茶室」に始まり、加藤家住宅でも「イロリの復元」「縁の修復」「ロフトのアトリエ化」などに受け継がれ、加藤家住宅の「ローコスト修復」に貢献してきました。今回も「セルフビルド&ゼロエミッション」のコンセプトを徹底してカマドを復元します。再利用できる材料はできる限り多く再利用し、修復の際に廃棄物となった材料を活用し、コストなしの復元をめざしています。

02カマド部品撮影01全景01

 思い返せば、ぼくは1年の前期に「イロリの復元」に携わり、「セルフビルド&ゼロエミッション」のコンセプトで火棚の制作を担当しました。それが3年前のこと。時間がたつのは速いですね(そういえば、先日の飲み会ではあっちの話だけでなく、アインシュタインの「時間」についても講釈をうけましたよ)。入学した直後で、何も分からずにいきなり火棚の制作なんて無理じゃないかなあ…?と思っていたのにできちゃった。その火棚は今でも加藤家の板間に吊るされ続けています。そういう活動に携われたことは誇りであり、2年次の「ロフトのアトリエ化」では火棚制作の成果を発展させることができました。わたしはアトリエ班のリーダーでしたが、1・2年は当事の先輩方に依存しがちになってしまい、多くの面で手を貸していただきました。アトリエづくりは成功したのですが、本来「プロジェクト研究」とは自分たちで問題を発見し解決する事を目標としており、先生や先輩方にはあくまでアドバイザで、相談に乗ってもらったり、少しお手伝いをしてもらうぐらいにしなければならなかった。そのことをふまえ、1・2年生を指導していけたらと思います。

03カマド部品洗い01

 さて、カマドは解体された釜や土台がブルーシートに包まれていましたが、2年半のあいだ放置状態だったため、腐朽や劣化が進んでおり、材料が復元に耐えうるか、どれがどの部位に当たるのか、暗中模索の状態です。まるで、大きな土器を復元していく立体パズルのような作業がこれから待っているわけです。22日(木)は、ばらならになった部材を仮番付しながら、写真撮影し、さらに水で洗浄して板間のブルーシート上で乾燥させるところまでもっていきました。1・2年生は3班に分け、順次、解体部材を撮影・洗浄し、仮番付はガード君、板間での部材整理は院生の部長さんが担当してくれました。
 04カマド接置01痕跡01 04カマド接置02土台01表01 04カマド接置02土台02裏01

 一方、先生と先輩はまた別の大仕事に取り組んでいました。まず先輩たちがトオリニワの土間におかれていた荷物を片づけ、板床面を清掃しました。すると、かつてカマドかおかれていた痕跡がみごとにあらわれました。まるで発掘調査の遺構検出をしているようです。次に、カマドの土台を痕跡の真上に移そうとしましたが、カマドの土台部分は湿気で框の下端が腐りはじめています。なにより、土台は3~4名では動かせないほど重く、じつに6名の人が集まってきました。そこで、まず90度回転させて裏面をみたところ、セメントの床面を支える3本の根太が腐朽しており、セメントは陥没寸前の状態になっています。教授の指示により、3本のうち2本の根太をとりさり、かわりに角材をセメント床の中央に2本置き、その下から、板と鉄板でセメント面を支えることにしました。そして、6人で数十キロの土台をもちあげました。裏口から土間に入れれば良かったのですが、狭すぎて断念し、大まわりで表から土間に入りました。両開き戸を外して、なんとか土台をもつ6名が中に入っていけたのです。下にわたした板をもった教授はいつものごとく、「生まれてくるんじゃなかった・・・」を連発されていました。土台は、結局、原位置ではなく、トオリニワ板間の端部に角材で浮かした状態で仮置されました。これは乾燥のためです。

07土台運び02圧縮


[第3回「古民家のリサイクル -カマド復元と蕎麦打ち-」]の続きを読む
  1. 2009/04/28(火) 00:00:25|
  2. リサイクル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

03 | 2009/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search