FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

床下補強活動

作業風景


 6月も半ばになり、今年も空梅雨なのでしょか、ギラギラと太陽の陽射しが突き刺さる今日このごろです。16日(月)は先週木曜日に問題化した床下の補強活動をおこないました。

 12日(木)のプロジェクト研究1&2「古民家のリサイクル -カマド復元と蕎麦打ち-」(第9回)で土台を板間の隅に設置をしたところ、大引や根太、束などが外れてしまうという問題が発生しました。ここで教授の指示で、魯班営造学社技術員2名を核とし、今週木曜日までに床下補強をすることになりました。今回の床下補強活動の内容は以下のとおりです。

 ①板を外し修復箇所の検討
 ②束を既存の物を元に戻し、不安が残る部分には新しく束を増やす
 ③束や大引、根太などの不安定な箇所にはL字金具を使い補強する
 ④土台を置く予定の当初位置の板の部分の修復
 ⑤最後に板を元の場所に戻し完成

 まず、床板を外し補強の検討をしました。束は先の補強で2ヶ所増やしましたが、さらに2ヶ所増やすことにしました。この作業はピヴォさん、エアポートさん、黒猫君が担当し、L字金具を使った補強にはエアポートさん、部長さんが担当(部長さんには記録写真も担当してもらいました)、土台設置場所(原位置)の板間の修復をナオキさん、ガードが担当しました。

束設置班

床下もぐり はじめの束の設置はスムーズに進みました。前回増やした束2本を元の場所に戻し、他の既存の束も上手く戻す事に成功しました。しかし、ここで問題が発生しました。イロリ間側の束の修復は手が上手く届かなかったりし作業が難航しました。ここで活躍したのはピヴォさんです。狭くなかなか入りずらい床下に身体を上手く曲げたりしてするすると床下に潜って行きました。そこで狭いながらも作業をこなしていきました。さすがはピヴォさん感動しました。ピヴォさんのおかげで束は全て上手く設置が完了しました。


L字金具補強班

L字金具 L字金具班はL字金具で框がずれないように固定をしました。まず、框を木槌などを使って元の位置まで戻します。その後に框がずれない様にL字金具で固定。他にも束が少し不安定でこのままにしておくのは不安が残る箇所にもL字金具を用いて補強しました。


[床下補強活動]の続きを読む
  1. 2009/06/21(日) 00:02:54|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

05 | 2009/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search