FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ソックスダービー第5戦

戦犯の策謀

 まさか今回の試合を解説することになろうとは・・・いや、本来はですね、今回の担当は両チーム全員一致で戦犯に指名されたガード君のはずなんですが、執筆担当をのらりくらりと交わす術はさすがですね、あれぐらいのずる賢さを試合でも見せてもらいたいものです!
 と、いうことで、今回は私、タクオが書かせていただきます・・・。

 Aソックスの三勝一敗で迎えた第五戦、劣勢に立たされている我がSソックス。これ以上引き離されたくない重要な一戦を前に、Sソックスのリーダーである私はどういった戦術で挑もうか思案していた。
 まず怖いのは、第3戦で鮮烈なデビューを果たしたピヴォくん。あの吸い付くようなボールコントロールと、セットプレーからの3点シュートの決定力は高く、存在自体が脅威である。また、教授の鉄壁と最終ラインからのフィードに加えて、黒帯君ほか二名の機動力も正直厄介だ。
 ただ、私が出場できなかった第4戦はエアポート君の鉄壁を中心に善戦したようで、少なからず第5戦に向けた光明も見出していた。
 結論から言えば、今回は「1-2-1-1」を採用。ゴール前には前節でも評価の高かったエアポートを置く。その周りにアシガル・轟コンビを衛星のように配置し、「どちらか一人はディフェンスに残ること」を指示した。彼らにはシュートコースを消すことと、教授のフィードに対してスペースを埋めることを期待した。そして真ん中には私が陣取って、トップにはわりと動きの良いガードを配す布陣を敷こうと考えた。

 7/31(金)の夕刻、雨上がりの比較的動きやすい気候の中で、ダービー第5戦は開催された。
スターティングメンバーは以下のとおり。

   Aソックス: 教授、黒帯、竹内、ピヴォ
   Sソックス: タクオ、ガード、アシガル、轟、ナオキ

 お気づきだろうか? そう、エアポート君がいない。欠場(バイトのため)を知らされたのはその日の午後で、大事な一戦を前にSソックスは守備の要を欠いた布陣を強いられた。戦術の変更も考えたが、飛び入り参加してくれることになった、魯班営造学社技術員のナオキ君をそのまま代役としてストッパーの位置に置いた。

 そして、いよいよKick Off!

[ソックスダービー第5戦]の続きを読む
  1. 2009/08/04(火) 00:13:58|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

asa

07 | 2009/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search