fc2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第2回公開ワークショップにむけて(Ⅰ)

P1040944.jpg


襖の表装

 9月25日(金)。大学4年の夏休みも終わり、とうとう後期が始まった。思い返せば、今年の夏休みは卒業研究とアルバイトで終わってしまった気がする。というのも、11月に車検を控えていまして…。なぜ、あんなに車検の値段は高いのか、と思う今日この頃です。

 さて、卒業研究も10月21日(水)の中間発表が間近に迫り、その3日前の18日(日)には第2回公開ワークショップ』が開催されるわけで、いずれの準備も加速しなければなりません。まずは襖の表装張替え(の一部)を鳥取市内の表具店に依頼することになり、見積もりのために加藤家住宅までご足労いただいた。表具店のお二人は加藤家住宅を知っておられたが、活動の詳細についてはご存じなかったので、先生が詳しく説明された。
 やはりプロにみていただくとちがうものだ。はまっている建具を見て、ところどころ「おかしい」と示唆されるのである。まず敷居の溝に着目された。襖の場合は溝幅が7分でサネ幅が3分、板戸・障子の場合は溝幅が5分でサネ幅が6分と決まっている。たとえば、仏間・広間境の敷居は後者であり、修理以前にはたしかに板戸が納まっていたのだが、「この部分の襖が盗難にあった」という情報をえていたので、襖に戻そうと考えていた。しかし、溝幅からみて納めるべき建具は板戸であることがあきらかになり、盗難事件後にはめ込まれた板戸を戻すことになった。さいわい新しい板戸も「ケヤキの一枚板」を使った上等なものであり、若干傷みもあるが修理できないことはないので、これを再利用することにしたのである。

P1040935_20090926185824.jpg また、仏間の襖は1間を3分割したものであり、そのうち2枚は奥座敷の押入(内法幅約7尺5寸)にはめ込んでいることが判明した(←)。押入の内法寸法と襖2枚の全長には誤差があり、柱に打物をしてこの誤差を解消している。協議の結果、仏間に本来の襖3枚を戻し、奥座敷の押入の襖2枚は特注で製造していただくことにした。これにより、奥座敷と仏間は当初の建具配置が再現されるだろう。



[第2回公開ワークショップにむけて(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2009/09/29(火) 00:00:42|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本家魯班13世

08 | 2009/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search