FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

VANのギター

 「風庵」で1000円の中古ギターを買ったら、文庫本『東方見聞録』(100円)をおまけにつけてくれましたよ。

 メーカーすら確認することなく、即決でこのギターを買うことにしたのは、なにより弦高が低かったから。弾きやすいと直感したのね。12フレットのクラッシックタイプであるのは間違いないのですが、グラデのついたボディの色彩やら、ホールと接する部分のネック板のデザインやら、フォークギターの匂いがぷんぷんしている。で、1弦にスチール弦が張ってあるんです。あとの5本はナイロン弦。もうぼろぼろでした。
 ネックの太い12フレットのアコギが前から欲しかったんです。わたしの掌と指はすでにガットギターに適応しすぎていて、フォークギターがまともに弾けなくなってましてね。普通はこの逆なんですよね。ネックの細いギターに慣れてる人はガットギターをもてあます。指が届かないし、握力が足りない。わたしの場合は真反対。
 あとは、ボディに貼り付けたVANのシールが懐かしくてね。VANジャケットを着てたわけじゃないんだけど、ギターのデザインともお似合いで、べつに弾けなくてもいいから飾りにしようって決めたんです。
 ギターのメーカーはPEARL。ドラムで有名なメーカーらしいですね。フォークギターの生産は70年代からとのことですが、VANの隆盛期は60年代。VANは70年代になっても人気が衰えていないから、年代があわないわけではないのだけれども、フォークギターではなく、ガットギターってところが気になりますね。フォークに先駆けてガットを作ってたってことはないのでしょうかね??

01風庵01中古ギター01

 昨夜、スチール弦を張りました。Elixirという錆びない弦。ギターの値段よりも高い弦なんですが、どういうわけか1セット余っていたんで張ってみると、いろいろ不具合も分かりました。弦高が低いのは良いのだけれど、フレットが摩耗していて、シタールのような響きに変わる部分があり、2弦と3弦の弦巻(ペグ)が歪んでいたり、6弦のチューニングが低音と高音でずれてしまったり・・・まぁ、1000円のギターですからね、仕方ないと言えば、仕方ない。チューニングは全音1音下げにしました。おそらくナイロン弦用に作られたギターだろうから、EADGBEのスタンダードだとネックが折れちゃうんじゃないか、と心配になりましてね。DGCFADにしときました。
 一夜あけて奏でてみると、調弦も安定していて、結構よい感じです。「サンデーモーニング・オーバーキャスト」をちゃんと通しで弾けましたよ。
 まぁ、人前で1000円ギターを弾くことはないと思います。チャックが愛用したリファーレンいなばモデル500(500円で買ったMade in Korea のモーリス)が壊れたのが昨年6月。あれから1年半経って、ようやく後継を手に入れたというわけ。
 めでたいね!

 そういえば、チャックは第2回公開ワークショップに来るらしいぞ。
 まもなくチラシが完成しますが、10月18日は10時開会、16時解散となりそうです。
 詳細は近々お知らせします。
 
 01風庵01中古ギター02VAN 01風庵01中古ギター03パール


  1. 2009/10/04(日) 00:00:33|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

asa

09 | 2009/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search