FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

オープンキャンパス・デスマッチ(Ⅴ)

03展示ボックス01


教師の懺悔

 第7戦の戦犯はわたしです、とほほ・・・

 まったく体が動かなかった。中国から帰国後まもなく発熱して体調を崩し、スロージョギングすらできない状態に陥ってしまったのだが、以来、心身とも不調のまま2ヶ月ぶりのデスマッチを迎え、自分の出来の悪さに苛立ちを覚えた。
 武内が「ドゥンガの如き教授の怒声」と表現しているが、自分の体が動いていないから、まわりに対して厳しい指示をだしてしまうのである。前半まず一度攻め上がってみた。ところが、攻撃が終わってもゴール前に戻れない自分がいて、それに愕然とした。ゴール前に戻れないから、チームのメンバーに「帰れ!」と指示を出さぜるをえない。「帰れ!」と口にだす暇があるなら、自らダッシュでゴール前に戻らなければならないのだが、この日は駄目だった。気持ちが前に行っているのに、体の重心は後ろに残っている。前半中頃、ただインサイドでプッシュすればゴールになるイージーシュートをふかしてしまった。重心が後に残っている証拠である。この1点を決めていれば、前半からリードを奪えただろう。

 第7戦は前半約1時間、後半17分という変則的な時間配分になってしまった。前半は数的不利を抱え劣勢に苦しんだが、後半になってスキルフルな小学生3名が消え、5人対5人になったとき、「勝てる」と直感した。こういうと申し訳ないが、Sソックスの有段者はタクオだけ。こちらにはわたしと黒帯のコンビに加え、飛び入り参加のフットサル部が2名(ミッキー&ヤノッチ)もいる。負けるはずはない、と自信をもって臨んだ後半の10分、武内があっさり決勝点を決めて4-3とリードした。残り7分。
 Aソックスは5人全員が自軍ゾーンで守り始め、SソックスはGKのエアポートを残す4人が攻め込んできた。こういう場合、Sソックスは攻めているのか、攻めさせられているのか微妙だ。危ないシーンがないわけではなかったが、ゴール前には常に2~3人の選手がいて、このまま逃げ切れるはずだった。

01デスマッチ02横長

[オープンキャンパス・デスマッチ(Ⅴ)]の続きを読む
  1. 2009/10/07(水) 13:00:17|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2009/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search