FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第2回ワークショップにむけて(Ⅲ)

建具 調整


帰ってきた襖

 10月5日(月)。朝方、携帯が鳴った。携帯を開くと、表具店からだった。
前日の話し合いでは、襖の表装の張替えが月曜日に間に合うか分からないので、6日の火曜日に届けたいとのことだったのだが、「表装の張替えも終わったので、天気のいい今日届けたい」との電話であった。
 午後2時から加藤家で搬入開始。依頼した9枚の襖はすべて新しい表装に張り替えられ、その上に書や画も張られ、見違えるほどに綺麗になっていた。先週、表具店でみた襖には画が張られていなかったので、こうして完成した姿をみると、プロに任せて正解だったとつくづく思う。

建具 調整2 表具店の方が襖をはめようとしたところ、仏間の襖3枚は寸法が合わないことが判明。職人さんたちは道具箱を取り出し、建具の調整を始めた。柱が傾いているので、傾きを合わせるために下棧(シモザン)を削り、建具自体をやや傾けて調整された。上棧(カミザン)もカンナで削り、高さをあわせた。なんとか納まるようにはなったが、建具のすべりが悪い。敷居・鴨居ともに捻じれてしまっているようで、この問題を解決するには、もっと建具を削るか、敷居や鴨居の溝を掘るなどの必要がある、とのことでした。第2回ワークショップの課題がまた一つ浮き彫りになった。

 アイノマ・奥座敷境の襖は、鴨居の中垂れを修正した際、端の部分は建具の納まりが緩くなってしまっていた。そのため建具が外れやくなっていたので、上棧に厚さ5~8mmの細い木材の打物をして納め直した。この結果、安心して襖の開け閉めがおこなえるようになった。
 新調した奥座敷の押入の襖は柱の傾きが若干あり、その微調整を現場でおこなった。もともと、縦棧が長めに作ってあり、高さや傾きの調整は現場で削って調整することにしていたようだ。10分ほどでこの調整は終わり、修理・新調を依頼した襖がすべて設置された。

 こうして9枚の襖が加藤家の座敷に戻ってきた。空間の質がぐんとあがったことは疑いない。襖だけでこんなにも変化があるわけだから、他のすべての建具の修復が終わった時、どれだけ加藤家のイメージが変わるのか、楽しみで仕方がない。
 前Before 裏Before
↑BEFORE(襖修復前の座敷)2枚
 表 After襖 After
↑AFTER(襖修復後の座敷)2枚 *クリックすると拡大表示されますので、見比べてください!

[第2回ワークショップにむけて(Ⅲ)]の続きを読む
  1. 2009/10/09(金) 00:55:12|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

asa

09 | 2009/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search