FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

『紅楼夢』第10章

第10章 玉房を切り刻む女心
p.60-65:岡垣訳

 1.5月1日その日、賈府の多くの女性たちと賈宝玉は一緒に清虚観に行って、
   焼香し、観劇した。まもなく清虚観に到着しようとしたとき、清虚観の張道士が
   早くから弟子や孫弟子をつれて道端に出迎にきているのが見えた。

 2.賈母たちが駕篭から降りると、張道士は急いで迎えに来た。
   賈宝玉は、
   「張おじさま、お変わりもなく」
   と言いながらお辞儀をした。

 3.張道士は賈宝玉を散々誉めあげた上に、彼に縁談の話を持ち出した。
   賈母は言った。
   「宝玉はまだ子供です。もうしばらく待ってからにしましょう!」

 4.賈母たちは清虚観のいろいろな所で一通り遊んだあと、芝居(劇)を見に
   行きたいと思った。 このとき張道士は、さまざまな仏具を持ち上げてみせ、
   賈宝玉にさしあげた。

 5.一同は演劇場の二階にあがって席についた。賈宝玉は仏具をより分け、
   手にとってみた。賈母は言った。
   「この麒麟にはすいぶんと見覚えがあるわ。誰かが身に着けているのと
   よく似ていますよ。」
   【セリフ】
    賈宝玉:「おばあさま、これを見て、如何思われますか?」

 6.薛宝釵は言った。
   「湘雲さんが持っていますわ。」
   賈宝玉はそれを聞いたあと、史湘雲のために取っておこうと思い、こっそり
   しまったのだが、林黛玉に見つかってしまった。

 7.賈宝玉は、すぐに弁解した。
   「これは私があなたに取っておいたんだ。帰ったら身に着けるといいよ。」
   林黛玉はそっぽを向いて言った。
   「私、そんなもの珍しくもなんともないわ。」

 8.観劇が終わって賈府に帰ると、賈宝玉は張道士が縁談をもちだしたことで、
   腹を立てて言った。
   「今後、二度と張道士には会わないよ。」

 9.林黛玉は(宝玉の心を)探りながら言った。
   「あなたは、あなたの金玉の良縁を張道士に断ち切られそうだったのを
   恐れているのね。」
   賈宝玉は、林黛玉が自分と彼女との仲を疑っているのだと思った。

10.賈宝玉は思った。
   (私はあなただけが心の中にあるのに、あなたがいつも金玉の説を疑うの
   ならば、この玉を捨てたほうがました。)
   こうして、賈宝玉は命を顧みず玉を投げ捨てた。

[『紅楼夢』第10章]の続きを読む
  1. 2009/10/11(日) 00:18:13|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2009/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search