FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

村治佳織ギターリサイタル

 10月20日(火)。公開ワークショップの2日後。疲れは依然消えない。パーティのホスト役というのは、こういうものなのですね。
 火曜日は演習4コマ。うち2コマは加藤家でゼミ。4年は卒業研究中間発表の最終練習で、他は残された最後の1枚の襖の表装替え。プレゼンの練習には時間がかかるのです。4人の発表だと3~4時間は覚悟しなきゃいけないところなんですが、梨花ホールでの村治佳織ギターリサイタルが開場18:00、開演18:45に迫っている。15時から始めたゼミを17:40ころに切り上げ、いざ出陣と思いきや、エアポートが「はい、これ」と封筒を手渡してくる。何度も書き直させている紀要の原稿(分厚いな・・・)。
 封筒を手にもって一路梨花ホールへ、と行きたいところですが、まずは寺町の自宅に寄った。週末の同窓会サッカーのために買い込んでいたユンケルが1本残っていて、家で飲んだんです。 
 すでにして眠かったのですよ・・・

 梨花ホールでは県埋文のCさんお待ちかね。かれもギター好きですが、一緒に村治佳織を聴いたわけじゃなりません。また別の校正を頂戴しました。こうして校正原稿2つをもってホールへ入場。「と」列までは指定席で、わたしは「ぬ」列の通路沿い自由席に腰掛け、少し原稿を読みましたが、うぅぅん・・・良くないなぁ・・・

 定刻になって、村治さん、ステージに登場。真っ赤なドレスがまぶしい。
 演奏曲目は以下のとおり。最新盤の『ポートレーツ』からの選曲で、言ってみればCD販売のためのツアーなのかもしれません。

第1部
 1.戦場のメリークリスマス
   (坂本龍一/佐藤弘和編)
 2.エナジー・フロー
   (坂本龍一/佐藤弘和編)
 3.ティアーズ・イン・ヘブン
   (クラプトン&ジェニングズ/佐藤弘和編)
 4.「ウェスト・サイド・ストーリー」組曲
   (レナード・バーンスタイン/ホルヘ・モレル編)
 5.組曲ホ短調 Bux WV.236
   (ディートリッヒ・ブクステホーデ)

第2部
 6.ハンガリー幻想曲
   (カスバル・メルツ)
 7.ノクターン Op.9-2
   (フレデリック・フランシスコ・ショパン/フランシスコ・タレガ編)
 8.トロイメライ~子どもの情景 Op.15
   (ロベルト・シューマン/フランシスコ・タレガ編)
 9.一億の祈り~映画「火垂るの墓」(実写版)
   (谷川公子・渡辺香津美)
 10.武満徹編『ギターのための12の歌』より
    「失われた恋」「シークレット・ラブ」「サマータイム」
    (ジョセフ・コスマ/クリス・ハイネ/ジョージ・ガーシュイン)
 11.ジョンゴ
   (パウロ・ベリナティ)
 12.イントロダクション~サンバースト
   (アンドリュー・ヨーク)

アンコール
 13.アルハンブラの想い出
   (フランシスコ・タレガ)
 14.タンゴ・アン・スカイ
   (ロラン・ディアンス)

 1・2の坂本龍一はまずまずの滑り出しでしたが、3はどうかな?・・・クラプトンを愛聴してきたファンの一人として言わせていただくと、よい編曲とは思えませんでしたね。クラプトンのルーツはブルースなんだから、いくらクラッシック用のアレンジだと言っても、ブルースを放棄してはいけない。あれじゃ別の曲だ。ヨークの「マーリーの亡霊」の底流にレゲエが決して消えないような仕掛けをここでもやっておかないと、「ティアーズ・イン・ヘブン」ではなくなってしまう。これは編曲のせいであって、村治さんのせいではないと言えるかもしれないけれども、選曲は村治さんですからね。

[村治佳織ギターリサイタル]の続きを読む
  1. 2009/10/25(日) 00:22:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2009/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search