FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

『紅楼夢』第11章

第11章 投身自殺の誤解
p.66-71:小山訳

 1.ある日の昼下がり、賈宝玉は王夫人の部屋へ行くと、彼女が眠っているのがわかった
   ので、女中の金釧(きんせん)と冗談を言い始めた。王夫人は、金釧の話すことが軽率
   であると感じ、体をひるがえらせて起き上がり、彼女に一度びんたをくらわせた。
   賈宝玉は自分が災いを招いたと思い、一目散に逃げた。
   【セリフ】
    王夫人:「下品な女中だこと! 若旦那さま(賈宝玉)が、
         あなたにだめにされてしまうわ!」

 2.王夫人は玉釧を呼びつけて言った。
   「あなたの母を呼んで、あなたの姉(金釧)を連れて行かせなさい。」
   金釧は、ひざまづきながら切々と頼み込んだが、やはり追い出されてしまった。

 3.賈宝玉は大観園にやってきた。にわかにひとしきりの涼風が吹き、
   つづいて大雨が降ってきた。賈宝玉に身にしみるほど冷たく降り注いだ。

 4.賈宝玉は怡紅院に走って戻り、とても長い時間(門を開けるよう)叫んでいた。
   やっと門を開けてくれる人があらわれた。彼は怒っていて、それが誰であるかも
   気づかずに、脚を上げて襲人のあばらのあたりを蹴飛ばした。
   【セリフ】
    襲人:「あぁ!」

 5.襲人が血を吐いたので、賈宝玉は医者を呼んできて治療してもらった。
   次の日、賈宝玉は薛蟠に招かれ、酒を飲み、夜になってやっと戻ってきた。

 6.晴雯(せいぶん)はちょうど怡紅院で横になっていて、いらついてきた。
   賈宝玉は晴雯の心を開こうと思い、言った。
   「あなたが好きなものを何でも言ってみてください。」

 7.「私が好きなものは、扇子を引き裂く音を聴くことです。」
   晴雯はその方法を言った。賈宝玉はすぐに自分の扇子を渡し、
   彼女に引き裂かせた。

 8.日が変わって、史湘雲がやって来た。賈宝玉は彼女に麒麟を
   贈ろうと思ったのだが、探すものの見つからなかった。史湘雲に
   拾われていたとは思いもよらず、受け取った。
   【セリフ】
    史湘雲:「ごらんなさい、これじゃないの?」

 9.このとき、知らせが入った。
   「賈雨村さまがいらっしゃっていて、旦那様は若旦那様(賈宝玉)をおよび
   になっています。(すでに)お客さまに会いに行かれましたよ。」
   賈宝玉は喜べなかったが、仕方なく(雨村に)会いに行った。
   【セリフ】
    賈宝玉:「付き合いきれないおじさんがいてね、毎回私に会いに来るんだ・・・」

10.襲人は賈宝玉を送り出すと、ちょうど薛宝釵に出くわした。
   このとき、一人のおばあさんがやって来て言った。
   「金釧という女の子が井戸に身を投げて死んだわよ。」

[『紅楼夢』第11章]の続きを読む
  1. 2009/10/26(月) 00:05:06|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2009/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search