FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第6回「修験道トレッキング -山の歴史をあるく-」

霊石山01


霊石山最勝寺
 11月5日(木)。今回は河原町の霊石山に登りました。霊石山は噴火によってできた山で、標高334メートル。全国的にあまり知られてはいないですが、数々の伝説に富んだ山です。まずは麓にある最勝寺を参拝。奈良時代初に行基が開山、平安時代に慈覚大師円仁が再興したという由緒が残っています。先週の八東もそうでしたが、行基開山縁起をもつ寺が多いのには驚かされます。

崖の修験道
霊石山02 霊石山には舗装された山道が整備されていますが、今回はショートカットして先生が子供の頃に登った経験があるというコースで山を登りました。確かに時間的にも距離的にも短縮されましたが…道を間違えてしまったようで、途中で道が消えてしまい、間伐材の散乱する崖面をただひたすら遭難するのではないかという不安を抱きつつ進んでいきました。しかし、途中で林道に出ることができて一安心。何とか脱出したという感じです。もう冬が来るというのにみんな汗だく。良い運動にはなりましたが、今回はかなりハードな山登りになりました。まさに、「修験道」トレッキングでしたね。

御子岩(みこいわ)
 ハードな山登りの甲斐あって、御子岩に到着。御子岩は、猿田彦命(さるたひこのみこと)がこの山に降りられた天照大神(あまてらすおおみかみ)を先導した時に、この岩に冠を置いて休まれたという伝説のある岩です。この岩には、猿田彦命の霊が宿っていると信じられており、今でも先導の神様として祀られています。また、これらのことから、この岩は霊石山の名前の由来にもなっています。実際にこの岩まで行ってみると、あまりの大きさにビックリ! この山は元々カルデラ火山だったそうですが、昔噴火した際にこの岩が飛んできたのではないかとのことです。

霊石山03


[第6回「修験道トレッキング -山の歴史をあるく-」]の続きを読む
  1. 2009/11/09(月) 00:39:37|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

10 | 2009/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search