FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

柿原千手院跡の測量(Ⅰ)

見出し


 11月8日(日)~9日(月)の2日間、:轟、武内、黒帯の3名で八頭町柿原の千手院跡と窟堂の測量をしてきました。10月29日(木)の第5回「修験道トレッキング-山を歩く-」で探索した寺院跡です。

  作業目標: 道路から敷地内の窟堂・平坦面を測量・実測し、平面的な関係性
          (石垣・石段・岩窟等の位置)を把握できる野帳を作成。
          岩窟のスケッチと寸法記入。

11月8日 器械設定が......できない
 朝8:30に大学に集合。9:00から現場で実測調査を開始。この日は現場の再確認とトータルステーションを用いた平坦地の測量をおこなった。窟堂と窟堂に続く道からはじめようとしたが、あまりにも樹木が多くて正確な側量を行うことが難しく、初めてトータルステーションを手にした僕は戸惑ってしまった。じつは窟堂のスケッチを2年生にお願いしようとしているところで、そのスケッチをおこなっているときに一緒に窟堂付近の測量もしようということにしました。
 そこで窟堂より下にある段々畑のような平坦面の測量に作業を変更。初めて測量に挑戦するので気合いを入れてやってみたのですが、トータルステーションの設定がうまくできない。器械設定にかなりの時間が奪われ、測量の時間が大幅に削られてしまいまいました。測量が思うように進みません。側点の記入をポケコンでやろうと思ったのですが、接続コードがない・・・方眼紙に座標を手書きで記入して・・・とモタモタしているうちに陽が傾き、この日はほぼ現場の再確認とトータルステーションの練習で終わってしまいました。
 帰ってから、手書きの座標をポケコンに入れてみると・・・意外と図になっています。でもやっぱ器械設定ができません。
 黒帯さんに訊ねると、研究室にはもう一つ、レーザー測量機なるものがあるとのこと。以前、摩尼寺奥の院の測量で使われていたもので、平坦面ならこの器材でもできるらしく、使い方も分かるみたい。その言葉を信じ、翌日はレーザー測量機を使って測量することに。しかし黒帯さんはレーザーよりトータルステーションが使えたほうが良い(精度が高い)と言っておられ、現在勉強中です。

測量中


[柿原千手院跡の測量(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2009/11/13(金) 00:16:30|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

10 | 2009/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search