FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

公立埋文協 特別講演「青谷上寺地から纒向まで」

R0018749.jpg

 目覚めたら時計の針は12時をまわっていた。ひとまず木曜日に講義を取っていないことに安堵した。十数日ぶりの熟睡だ。纒向遺跡の復元作業を始めてから、休日・平日問わず1日の平均睡眠は2時間以下だった。あとは、前回のようにメディアをにぎわすような事件が起こらぬことを祈るばかり・・・。

 11月19日(木)、平成21年度全国公立埋蔵文化財センター連絡協議会(第22回研修会 鳥取大会)がおこなわれ、浅川先生が「弥生時代の建築-青谷上寺地から纒向まで-」と題する特別講演をされた。会場には、全国の埋蔵文化財センターから約70名の出席者があり、研究室からは纒向遺跡の復元作業に携わったエアポート、部長、きっかわとタクオさんが参加。
 前夜遅くまで、先生と学生とで講演の準備を進め、発表用スライドは優に130枚を超える大長編になっていた。構成は以下のとおり。
 
  1.焼失住居の復元
  2.青谷上寺地遺跡の建築部材と復元研究
  3.纒向遺跡で出土した大型建物群の復元 
     -青谷上寺地の建築部材による応用研究-

 前半の1は焼失住居跡の意味や復元プロセス、2は青谷上寺地遺跡出土部材による大型建物の復元研究。予稿集に沿ったお馴染みのプレゼンである。後半の3は、予稿集にまったく含まれていない纒向遺跡大型建物群の復元について。11日の報道後、超大型建物1棟だけでなく纒向遺跡で発見された4棟すべての復元にむけて研究室のメンバー総出で取り組んできたが、ついにその成果のお披露目を迎えたのである。
 R0018745.jpg R0018725.jpg

 講演が始まると、先生の発言に対して相槌を打つ人、首をかしげる人とさまざまだが、みな真剣にスクリーンを見てはメモを取っている。研究室メンバーも負けずとペンを取り、これまでの作業を振り返る。スライドは次々と進む。スライドに登場する研究室で取り組んだ復元研究のほとんどは、私自身も関わってきたので、懐かしく思わないわけがない。先生や先輩たちの研究の手伝いをしながら、いろいろなことを学んだ。薄暗い会場で、その思い出はまさに走馬灯のように頭を駆け巡っていた。

[公立埋文協 特別講演「青谷上寺地から纒向まで」]の続きを読む
  1. 2009/11/22(日) 00:08:17|
  2. 講演・研究会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

10 | 2009/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search