FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

纒向遺跡建物A・B・Cと塀・門の復元(Ⅰ)

遺構平面図20091124



 纒向でみつかった4棟の大型建物群うち、まだ説明をしていない建物ABCと塀・門について2回に分けて簡単に報告しておきます。上の図に示すように、纒向遺跡の大型建物群は、東西方向に軸線を揃えて(正確には西に5度ふれる)4棟が配列されています。遺構番号は西から「建物A」「建物B」「建物C」「建物D」。これまで「超大型建物」と呼んできたのが「建物D」です。建物B・C・Dの3棟が凸型の塀に囲まれた敷地にあり、建物Aはその西側に孤立しています。

1.建物Cの復元

遺構解釈と平面の復元: 建物Cは建物D(超大型建物)の背面にあたる西側で検出された遺構である。トレンチ掘りのため、柱穴が部分的にしか確認されていないので、全体平面は不明だが、近接棟持柱をもつ梁間2間の建物である点は確定している。中軸線に対して対称であると仮定すると、桁行3間(7.8m)×梁行2間(5.3m)に復元できる。現状では中央部が発掘調査されていないので、床束の存否は明らかでない。よって高床か土間が判断しかねるが、今回は建物Dとほぼ同じ床高の高床建物と仮定して復元を進めた。中央間が2.4mと狭く、脇間が2.7mと広いので、中央間に窓を配置し、入口は建物Dとの往来を重視し、建物の左右妻側に設けた。
上部構造の復元 モデルとした家形埴輪は大阪府玉手山古墳(4世紀後期)、大阪府美園1号古墳(4世紀末)など。とくに玉手山古墳の埴輪は切妻造妻入であり、ケラバの出や妻飾をおおいに参照した。軸組・小屋組の復元方法は建物Dと同じなので割愛する。青谷上寺地材からは新たに連子窓を採用。連子窓の外側に突上戸(板蔀)を併設。突上戸(板蔀)は出雲市の三田谷Ⅰ遺跡のディテールを参照。奈良時代の材でやや進化しているが、同じ軸受材は青谷上寺地でも出土している。
考察 遺構図を観察する限り、建物Cは他の3棟とわずかに方位がずれている。これは他の3棟と建物Cに時期差がある可能性を示唆するデータである。共存関係か前後関係かを今後は再検討していく必要があるだろう。
 建物Cと建物Dが共存すると仮定した場合、建物Cの面積(41.34㎡)と建物Dの中央2間×2間の面積(59.52㎡)が比較的近い点には注意する必要があるだろう。一つの仮説して、建物Cは日常生活をおくる居住専用棟であるのに対し、建物Dの中央2間×2間(室=塗籠?)は日常的には御神宝などを納める収納スペースだが、儀式の際には首長の居住スペースとなった可能性があるかもしれない。日常時と非日常時で建物Cと建物Dの住み替えをおこなっていた可能性である。建物Cは間口は3間と奇数間だが、階段は両側2方向として建物Dに近い性格を備えているので、破風は女千木型で、千木の数を偶数にしている。(Mr.エアポート)

C_150cm.jpg



[纒向遺跡建物A・B・Cと塀・門の復元(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2009/11/27(金) 00:11:34|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

10 | 2009/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search