FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

楊鴻先生と語る(Ⅱ)

100建築考古学論文集(増訂版)


 文物・博物・考古関係論著の全国第1位!

楊: そうそう、君が中国に来ないあいだに大きな賞をもらったんだよ。

A: そうなんですか。先生が受賞されたと聞いても、当たり前のことのように思えてしまうのですが、このたびはどんな賞を?

楊: 国家文物局の機関誌『中国文物報』を知っているでしょ?

A: はい。

楊: 2001年にね、『中国文物報』が「20世紀でもっともすぐれた文博考古図書の全国人気投票」を公開でおこなったんだけれど、わたしの『建築考古学論文集』(文物出版社、1987)が「論著類」部門で第1位に選ばれたんだよ。

A: 文物・博物・考古の全分野のなかの全国第1位ですか!?

楊: そう、歴代の全国1位さ。郭沫若が6位、夏鼐先生は4位で、わたしが1位だったんだ。

A: (絶句して)・・・それは凄いことですね・・・

楊: ほら、ここに新しい『建築考古学論文集』をもってきてるんだけどね。

A: あれ、ずいぶん厚くなって装幀が変わりましたね。

楊: 受賞を記念して、2008年に清華大学出版社から増補改訂版が出たんだ。これは君に贈呈しましょう。

A: ありがとうございます。(しばしページをめくり)659ページの論文集ですか・・・まいりますね。日本語に翻訳したら、軽く1500ページを超えるでしょう。わたしも、最近の研究成果をもってきているんですが、恥ずかしいなぁ・・・133ページの研究報告書です。

王: なに言ってるの、あなたはまだ若いわ。主人の歳まで、まだ25年以上あるじゃない。

 100建築考古学論文集(初版) 101山陰地域の弥生時代建築
左:『建築考古学論文集』初版本(1987:331p.) 右:『山陰地域の弥生時代建築に関する実証的復元研究』(2008:133p.)


[楊鴻先生と語る(Ⅱ)]の続きを読む
  1. 2009/12/05(土) 00:08:37|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

11 | 2009/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search