FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

楊鴻先生と語る(Ⅲ)


 世界自然遺産ハロン湾の文化的景観

楊: 君は中国にはさっぱり来なくなってしまったけれども、海外ではどこに行って調査をしていたの?

A: ここ3年ばかり、ベトナムの世界自然遺産ハロン湾の水上集落について調査を続けています。「文化的景観としての水上集落論-世界自然遺産ハロン湾の地理情報と居住動態の分析-」(2007-09年度科学研究費補助金萌芽研究)によるものです。ハロン湾は世界自然遺産に登録されているのですが、湾内におびただしい水上居民がいて各地に水上集落を形成しています。家船や筏住居からなるその集落が自然遺産の海面景観の質を高めているんです。水上居民の集落を含む場合、それは「自然景観」ではなくて「文化的景観」と呼びうるものなんですが、水上居民(漁民)の生活の変化により文化的景観も不断に変化し続けています。その景観をどのように管理していくのか。そういうテーマで調査研究に取り組んでいます。

楊: 水上居民というと、中国では両広(広東・広西)の「蛋家」が有名だけど、ベトナムの水上居民も同じようなイメージで捉えてよいのかな?

A: ルーツを辿れば似たようなものかもしれません。東アジアの沿海域や大河川に水上居民はひろく分布していますから。

楊: 「蛋家」や「蛋民」と呼ばれる船上居住者はかつて広州や香港に溢れていたけれども、いまは政府の方針もあって陸上がりが奨励され、純然たる水上居民はもうほとんどいないんじゃないだろうか。

A: えぇ。ところが、東南アジアは今でも水上居民がたくさんいます。とくに、ベトナムでは水上居民の人口が微増の傾向を示しています。

楊: それはまたどうして?

A: ハロン湾の場合、世界遺産になったことで観光客が増えました。それが一つの収入源になる。もう一つは漁撈から養魚・養殖へ生業が転換していったことで、漂泊的な生活から定住化が進んでいきました。収入も安定してきて、水上集落にカラオケ店とか蒸留水の販売店などが入り込んできて、ちょっとした都市化の様相すら見え始めているのです。また、漁民たちは「陸あがり」を警戒しています。陸にあがっても自分たちができる仕事がないし、知人もいないからです。

楊: 都市化が進むと、自然遺産の景観に悪影響を与えるんじゃないかな?

A: そのとおりです。ですから、景観をコントロールするための制度や計画が必要になるわけです。ハロン湾の遺産管理局は、水上居民の住宅性能を向上させながら環境汚染を防ぐ方法を呈示しているのですが、そこに「景観」という視点が抜けている。景観の重要性をなんとか居住者や行政に理解してもらいたいと思って活動しています。


[楊鴻先生と語る(Ⅲ)]の続きを読む
  1. 2009/12/06(日) 00:00:27|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

11 | 2009/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search