FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

『紅楼夢』第13章

第13章 劉ばあさんの口から出任せ
p.78-81:岡垣訳

 1.平児が庭から戻ってくると、劉ばあさんが板児を連れてまた来ていて、おまけに
   新鮮な野菜や果物をいくつか持ってきているのが見えた。周瑞の妻(王夫人の
   侍女)が劉ばあさんとおしゃべりしている。劉ばあさんは平児が入ってきた
   のがわかると、あわてて床に飛び降りてご機嫌をうかがった。

 2.しばらく話をした後、劉ばあさんは挨拶してその場を立ち去ろうとした。
   この時、鳳姐(王熙鳳)はちょうど賈母のところにいて、周瑞の妻は劉ばあさんを
   接待しつつ、賈母と鳳姐のところにいって一声かけた。
   【セリフ】
    劉ばあさん:「遅くなりましたし、私たちも帰りましょう。」

 3.しばらくして、周瑞の妻は戻ってきて言った。
   「おばあさん、あなたは実に幸せですね。老婦同士の縁で、賈母様はあなたに
   来てもらいお話がしたいそうですよ。」

 4.劉ばあさんと板児は賈母の部屋にやってきた。宝玉と姉妹たちが賈母を取り
   囲み、すぐそばでおしゃべりをしている。劉ばあさんは家中の花枝がゆらぐ
   ほどの美人をみて、思わず目がくらんだ。榻(長椅子)の上に一人の老女が横
   たわりながら、下女がかたわらで、彼女の足をたたいていた。

 5.劉ばあさんはその老女が賈母であることがわかると、あわてて前に進み出て、
   愛想笑いをして言った。
   「長寿の奥様、ご機嫌いかがですか。」
   賈母は、腰をうかせて挨拶し、人を呼んで劉ばあさんに茶を出し、席を譲らせ
   て言った。
   「今日は親戚の対面をしたわけですし、お嫌でなければ、ここに2~3日泊まり
   なさいよ。」

 6.鳳姐も言った。
   「おばあさん、2~3泊していってくださいよ。あなたたちのところの最近の
   話題を賈母様に聞かせてちょうだい。」

[『紅楼夢』第13章]の続きを読む
  1. 2009/12/07(月) 00:05:07|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

11 | 2009/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search