FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第2回文化的景観研究集会に参加して

平戸島


生きている景観

 12月18日(土)~19日(日)、奈良文化財研究所が主催する第2回文化的景観研究集会に参加してきました。会場は研究所に隣接する奈良県歯科医師会館講堂で、全国各地からおよそ200人の方が集まりました。
 昨年度おこなわれた第1回研究集会のテーマは「文化的景観とは何か? その輪郭と多様性をめぐって」でした。今回のテーマは「生きたものとしての文化的景観 変化のシステムをいかに読むか」選定済みの重要文化的景観やこれから取り組みを始める地域など、実際の活動に携わっている方々から、そのエリアの文化的景観について何を評価したのかなどを具体的に聞くことができ、とても興味深かったです。

 今回の研究集会では「変化」が大きなテーマでした。これまでの文化財は「不変」のものを変更しようとすると強い規制をかけていましたが、文化的景観はそもそも生活や生業を含み、変化を含むものとなっています。この変化をどうとらえるのかということが議論の中心となっていました。報告の中では、土地利用やその土地の歴史の重層性、建物などの目に見える「有形のもの」と人々の記憶などとして受け継がれてきた「無形のもの」をキーワードに据えて変化をとらえていました。
 特に印象深かったのは、先日12月11日に重要文化的景観に加えることが答申された長崎県の「平戸島の文化的景観」です。平戸島の文化的景観は、島という地形を生かして棚田などの農地や居住地を形成した集落景観を示すと同時に、隠れキリシタンを含む様々な信仰が融合して生まれた独自の伝統に基づく、社会的・空間的特性を示すものとなっています。ここでは、土地の変化を追っていくなかで、現在に残る土地の利用方法や記録されている昔の姿の他に、信仰のなかで聖地とされている場所などの無形の要素を加えて、文化的景観の形成過程を把握していました。ただの山と集落の位置関係という有形の要素だけではなく、聖なる山とそれを信仰する人々との距離感などという無形の要素を合わせて、その土地のもつ歴史と変化をとらえています。

[第2回文化的景観研究集会に参加して]の続きを読む
  1. 2009/12/29(火) 00:00:34|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

11 | 2009/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search