FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

『紅楼夢』第15章

第15章 鏡の内側
p.88-95:岡垣訳

 1.賈母は体に疲れを感じたので、休息をとるため稲香村に行って休みたいと思った。
   鳳姐(王熙鳳)はあわてて人を呼び、竹の椅子を持ってきて賈母がその上に
   座るのを手助けするように命じた。二人の侍女が賈母を担ぎ、鳳姐、鴛鴦たちは
   その後をついて行った。賈母の面倒をしおえると、鴛鴦はまた劉ばあさんを
   訪ねて来た。

 2.鴛鴦は劉ばあさんを連れていろんなところを歩き回った。一同もみな、
   後について冗談を言った。しばらくして「省親別墅」という牌坊の下に到着した。

 3.劉ばあさんは寺廟だと思い、腹ばいになって叩頭の礼をし、さらにまことしや
   かに言った。
   「この牌楼の上の字ぐらい、私もすべてわかりますよ。」

 4.続けて劉ばあさんは、自信満々に言った。
   「これは、まぎれもなく「玉皇宝殿」の四文字ですよ。」
   一同は、手をたたき足を踏み鳴らして笑った。

 5.突然、劉ばあさんは腹が痛みだしたので、すぐに侍女を探して彼女を連れて
   お手洗いに行った。侍女は、劉ばあさんにその場所を教えると、すぐに戻って
   行った。

 6.劉ばあさんは少し腹を下し、長い間しゃがんでいたが、やっと終わったので、
   やおら立ち上がると、頭がくらくらして目が眩み、帰り道がわからなくなった。

 7.劉ばあさんは道なりに歩いて行った。やっとのことで一つの入口にたどり着き、
   ただ頭に花を挿した老婆が部屋に入るのが見えた。

 8.劉ばあさんは笑って言った。
   「あなた世間を知らないにもほどがあるでしょ、頭に花を挿すなんて。」
   その老婆は笑うばかりで返事をしなかった。

 9.劉ばあさんは、富貴な家柄には姿見の鏡があることをとっさに思いつき、
   心の中で考えた。
   「鏡の中にいるのは私かもしれない!」

10.劉ばあさんが触れると、やはり鏡だった。まさか鏡の上にスイッチがあるとは
   誰が知ろうか、劉ばあさんは無意識のうちにそれを押し、別の部屋に入って
   いった。

[『紅楼夢』第15章]の続きを読む
  1. 2010/01/05(火) 00:01:12|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

12 | 2010/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search