FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

マキムク復元チームが学生表彰!

02学生表彰01会議室


 あけまして…と挨拶する時期はもうとっくに過ぎ去ってしまいましたが、今年初投稿です。
 皆様、2010年もどうぞよろしくお願いします。きっかわです。
 鳥取では吹雪くことも多い今日この頃ですが、平成22年1月13日(水)は晴れの本学平成21年度学生表彰式でした。環境大学では年に一度、個人もしくは団体のすぐれた課外活動や社会活動を表彰しています。今年は個人・団体合わせて23名の受賞となりました。浅川研究室では「卑弥呼の館」復元プロジェクトチームが「課外活動(文化)」部門で受賞しまして、私と部長さんの2人がチームの代表者として学内で行われる授賞式に出席してきました!

 思い返せば、このプロジェクトのスタートは11月2日。そこから2週間で4棟+門・塀を復元するというハードスケジュール。山あり谷あり、あっというまでした。あの頃のわたしたちはきっと今よりすこしスマートになっていたことでしょう…(正月太りをさしひいても) そう考えるとちょっとだけあの頃の忙しさが惜しい。まあ健康が第一ですよね…。かくゆう私も先日のゼミを風邪で休んでしまいました。
 それはともかく、11月から始動したプロジェクトの集大成の1つとして、この日、大学から表彰していただくことにあいなりました。本当にありがたいことです。

02学生表彰014409

 予定では16:10からのスタートでしたが、教授会が早く終わったようで予定が繰り上がり、前倒しで15:30からの開会となりました。えっもう始まるの?とどきどき。
 控室から会場となっている会議室へ向かう姿もなんとなく強張っているような。そう、正式な表彰式でしたので、2名ともスーツで出席致しました。スーツ姿がばっちりきまっている部長さんの隣で、何かぎこちない私。これから就活タイフーンに飛び込むのだから、もっと慣れなければいけませんね。
 と、学長先生のご挨拶を拝聴したあと、いよいよ表彰状・副賞の授与です。ロ型に囲んだ机の前、それぞれの活動写真が流されるスクリーンの前で、順番に並んだ表彰者たちが学長先生から賞を頂いていきます。席に並ぶ先生方に見守られつつ…。もちろん浅川先生もいらっしゃいます。
 私たち卑弥呼チームは4番目で、団体の中では一番はじめの授与でしたので、緊張しました。学長先生から、私が賞状、部長さんが副賞を受け取ります。列に帰る際、先生方に礼をするときにひと言だけ簡単に挨拶する手筈だったのですが、タイミングを逃して礼だけになってしまいました。無念。
 それにしても、正式な表彰式というのは、やはり緊張しますね。最後に授与を受けた学生ISO委員会の方が受賞者代表の挨拶を述べ、式は閉会となりました。ここで会場は解散となりましたが、学長先生、両副学長先生と受賞者たちは記念撮影へ。あいにくの天気でしたので、学長室に入らせていただき、全員でにっこり撮影してきました。

 あらためて、大学からこのような賞をいただいたことは、とてもありがたいことだと思います。私が言うのもおこがましいのですが、チームを代表しまして、本当にありがとうございました。
 …ただしタクオさんも書かれている通り、マキムクタイフーンはまだまだ終わりません。
 それでは、2010年が良い年になることを願って……賞状と副賞をもって、ゼミ室に凱旋したいと思います!(3年 きっかわ)

12モニター044410
↑「NEWSゆう+(プラス)」のVTR」=<続き>に感想文を掲載しています。

[マキムク復元チームが学生表彰!]の続きを読む
  1. 2010/01/16(土) 00:00:02|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

12 | 2010/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search