FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

『紅楼夢』 第16章

第16章 蘆雪庵の詩会
p.96-101:小山訳

1. ある日、栄国府執事である頼氏の、年をとった祖母、つまり頼おばあさんが、鳳姐
  (王煕鳳)に会って言った。
    「旦那さまにとっても大きな幸福になりますように、私の孫を役人として
     あずけたい。そのためにも三日三晩、舞台と酒宴を設けることを謹んで
     お願い申し上げたい。未婚の女子たちにとっても気晴らしになるでしょう」
  鳳姐王はそれを聞き入れた。

2.頼府がこの日、宴席を設け、薛おばさまの一家も来た。薛蟠は、相手の令息である
  柳湘蓬を気に入り、すぐにつきまとった。

3.柳湘蓬は薛蟠を城壁の外に連れ出して立ち止まり、徹底的に殴った。
  召使いがやってきて、なんとか薛蟠を運んで連れ戻った。

4.まだ幾日も経たないのに、薛蟠は商売を口実にして、薛家のある店の番頭について
  故郷へ帰っていき、この一連の事件に終止符を打った。

5.この日、賈府にはとても多くの来客があり、その中に、李絹の兄嫁とその娘二人、
  そして薛蟠の従弟の薛蝌と、同じく従妹の薛宝琴がいた。

6.探春は会って大喜びし、賈宝玉を探し出した。賈母にこれらの人たちをみなこのまま
  残し、何人かの子女を海棠社という詩の会に参加できるようお願いができないか、
  という相談をもちかけた。

7.賈母の甥っ子たちは、家族をもって、よその土地で役人になっていた。
  賈母の家は、湘云を家で引き取って薛宝釵を同居させてはならないとした。
  (気性の荒い者も多いし、頼る人は他にもいるので、別の所で同居させましょう)

8.翌日、雪が降り、李絹は皆を集めて、「今日は雪が降っていることだし、海棠社の
  メンバーで集まって、姪っ子たちの歓迎会を開きませんか」と持ちかけた。

9.皆はその提案に賛成した。翌日、宝玉は王煕鳳について蘆雪庵へ行き、鹿肉を貰い
  受けて、湘云と炙り焼き、皆にふるまった。

[『紅楼夢』 第16章]の続きを読む
  1. 2010/02/11(木) 00:00:41|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

01 | 2010/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search