FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

プルシェンコの戦い

 2月24日の短い記録「うららかな平城宮」の文末に、「ヨナと真央とロシェットの戦いに溜め息が漏れた一日でもありました。さんざん愚痴をこぼしたプルシェンコとは対照的に、不平不満を言わない真央に脱帽。見習わないといけませんね」と書いた。バンクーバー五輪フィギュアスケート・ショートプログラムのジャッジはだれもが仰天するほど不公平な結果であり、激昂したのはタラソワ・コーチだけではない。家中に落胆がひろがり、その余波は娘と友人たちのメールを介して全世界に波及していった。あの日の、あの不信感をいまも忘れることができない。その悔しさを抑えようとして書いたわずか2行の文章に強烈なコメントが入った。「通りすがりですが・・・」と題する拍手コメントなので、ブログの表側には出ていない。以下に引用しておこう。

  一スケートファンとしては、こういう記事を拝見してしまうと残念です。プルシェンコの戦い
  については語ると長くなるので止めておきますが、日本のマスコミの恣意的な「潔くない」
  「負け犬」報道にどうか惑わされないで下さい。この数年採点のオカシさは、選手もファンも
  ずっと心に秘めていて悶々としていたことなのです。(選手は特に下手に発言すると審判の
  心象が悪くなるので何も言えないんです)一般にどう思われていても、プルシェンコは
  その才能と功績においてフィギア界では圧倒的な地位にいます。だからこそああやって発言を
  してくれているのです。彼は数年前から今の採点のあり方にずっと疑問を呈していました。
  勇気ある一部の選手も。けれどそれらの声が届くことはありませんでした。今のスケート界は、
  一旦現役から退いていた彼が3年経って復帰して、「今までの栄光ともしかして引き換えに
  なるかもしれない状況になってでも、現役として同じ土俵で言わなければならない」ほど、
  深い闇の中にあるのです。やり方に疑問がある方もイルでしょうが。彼は自分のメダル云々より、
  これからのフィギア界のために戦っていること。それだけはわかっていただきたいです。

 トリノ五輪でプルシェンコの演技をみたとき、フィギュアスケートの世界でただひとり四次元にいるアスリートだと実感した。こんな選手は2度と出てこないだろうし、五輪連覇は確実だろうとも思った。予想どおり、プルシェンコはバンクーバーの半年前に復帰してきた。結果は銀メダルだった。4回転を2回成功させたが、着氷にぶれがあり、ステップにも4年前の切れがない。プルシェンコは3次元世界に舞い降りて技を競い合っていた。もっともっと高い異次元の世界で滑っていた鉄人がライサチェクごときに敗れるなんて・・・しかし、上のコメントにみるように、プルシェンコがこの世に戻ってきたのは「暗い闇のなかにあるフィギュア界」にもの申すためだったとしたら、むしろ「銀メダルに終わった」という事実が大きな意味をもつことになるかもしれない。

[プルシェンコの戦い]の続きを読む
  1. 2010/03/08(月) 00:00:53|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

02 | 2010/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search