FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

さおびきどっこ(Ⅸ)

1


スナイパーガード
 3月3日~10日、いよいよ待ちに待った本組みに突入しました。
 3月3日(水)3月4日(木)。柱と礎石を寸切りボルトで接合するための孔をドリルと角ノミを使い加工しました。今回も道具をN先生にお借りした上での加工です。まず、角ノミを使い柱に孔をあけます。これは、寸切りボルトを締めるための六角ボルトと座金を入れる孔です。以前の木材加工で角ノミを使っているのでスムーズに作業が進みました。しかし、角ノミを使った後の微調整に時間がかかりました。角ノミは削りが粗いので、ノミを使い微調整をしなければなりません。以前の作業でもこの調整にものすごく時間がかかった記憶がよみがえります。しかし、この作業に手抜きはできません。手を抜けば最後の埋め木で苦労をするのです。せっせ、せっせとノミを使い調整をしていきました。ようやく調整が終わると外は暗い・・・。苦しくも作業を1日で完了できず。

2 4日は3日に出来なかった寸切りボルトを柱に通すためにドリルを使い柱の底に孔をあけました。この作業では3人1組でおこなわなければ真直ぐな孔を正確にあけることができません。そのため、前日にあらかじめ練習をおこない準備は万全です。早速私がドリルを持ちスタンバイ。縦方向をN先生、横方向をナオキさんが担当しスイッチをオン。少しずつドリルで削っていくのですが、少しでも中心からずれるとすぐさまN先生とナオキさんから「左」「少し下」などの指示が飛びます。私はそのとおりに修正していきます。この時、私はスナイパーガードと化して、柱の底を狙い打っていくのです。ここでアクシデント発生。同じ体勢で力を入れていたので、私の体が悲鳴をあげはじめました。しかしそこはスナイパーガード、我慢です。4本連続貫通させた時には私の体はボロボロでした。しかし、これで本組の準備が完了です。N先生、ありがとうございました。

[さおびきどっこ(Ⅸ)]の続きを読む
  1. 2010/03/17(水) 00:00:14|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

02 | 2010/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search