FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

さおびきどっこ(Ⅹ)

1


屋根骨組

 3月12日(金)~15日(月)、屋根の骨組を作りました。
 3月12日(金)は、まず腕木と桁を裏木戸本体に取り付ける作業から始めました。この作業は仮組で何回か経験しているので、すんなり完了しました。次に垂木と登り淀の加工に入っていきます。この二つの部材の加工はそれほど難しいものではないのですが、数が多く時間をたっぷり取られ、作業が終われば15時です。次の工程に取り掛かろうとしたところ、アクシデント発生。用意していたビスの長さが足りず、この日の作業がストップ。買いに行こうにもすでに時間は15時半をまわっており、残された作業時間はわずかしかありません。ここでナオキさんと話し合い、翌日めに集まり作業を進めるという事になりました。
 3月13日(土)。早朝集合、作業開始。前日に購入しておいた9mmのビスを取り出し、垂木を打っていきます。いきなりビスで取り付けるのではなく、あらかじめドリルでビスを打つ箇所に穴をあけ、その後にビスを打っていきます。これは木材がビスを打った時の割れを防ぐためにおこないます。少し苦戦しながらも取り付けに成功。垂木がすべて取り付け終わったところで、棟木・冠木・桁の長さを合わせ切断します。そして垂木の長さも合わえ切断します。部材は取り付けてあるので、少し自信がなかったのですが、今までの積み重ねで思いのほか上手く切断する事ができました。その後、昼休みを挟んで、小舞・広小舞・破風板を取り付けていきました。ここでまたもやアクシデント発生。素屋根の設計を間違えていたのか、裏木戸の屋根の高さと素屋根の高さが数10cmしか離れておらず、作業スピードを下げさせました。それでも狭い空間のなかビスを打っていきました。破風板が付け終わる頃には辺りは真っ暗に・・・。
 3月14日(日)。この日は化粧野地板・淀・登り淀を取り付けました。この作業も前日同様、ビスを打つ箇所にはドリルで穴をあけます。それが終わると取り付け開始です。まず、化粧野地板から。化粧野地板はビスではなく、金槌と釘を使いました。やはりここでも素屋根が私達を阻みました。素屋根を解体してやろうかとも思いましたが、あいにくこの週は天気が悪く、素屋根を解体してしまうと雨に濡れてしまいます。ここはぐっと我慢し、狭い空間でなんとか取り付けていきました。ともかく作業がしにくいので、化粧野地板の取り付け完了時にはお昼を過ぎてしまいました。すぐさま淀・登り淀の取り付けに移行。狭い空間にも慣れ始め、1時間程で完了です。次の部材を取り付けるための下準備をしたところで、この日は作業終了。
 3月15日(月)、残りの捨て野地板・二重淀・登り淀を取り付け、屋根の骨組完了を目指しました。捨て野地板から取り付けていきます。前日に下準備が終わっていたので、すぐにできるだろうと思っていたのですが、強風のため素屋根のトタンが外れてしまい、すぐさまナオキさんが応急処置を施しました。しかし、風は強く、ちょっとやそっとの応急処置では対処できません。そこで針金を使いトタンを固定しました。なんとか強風にも耐え、作業再開です。強風の対処に時間がかかってしまいましたが、夕方には屋根の骨組を完成することができました。

2

[さおびきどっこ(Ⅹ)]の続きを読む
  1. 2010/04/02(金) 00:00:28|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

03 | 2010/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search