FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

情緒と激情

 ジェフ・ベックの新作『エモーション・アンド・コモーション』をすでにお聴きになりましたか。7年ぶりのスタジオ録音です。メンバーはライブ@ロニースコッツ倶楽部と同じ。Tal Wilkenfeld (bass), Vinnie Colaiuta (drums), Jason Rebello (keyboards)です。
 いや、凄い。ロック・ギタリストがこれほどの高みに達してしまったということに驚きを禁じえません。だれだったか忘れたけれども、ロック・ギタリストは「ジェフ・ベックとジェフ・ベック以外に分かれるだけ」と言ったそうですが、もっとひろく、エレクトリック・ギタリスト全体をみわたしても、「ジェフとジェフ以外」という分類を受け入れざるをえない状況に至ってしまいましたね。ジャズ、フュージョンのどんなギタリストを引っ張り出してきても、ジェフには敵わない。ロックという音楽ジャンルがあまり好きでなく、ジャズをこよなく愛してきたわたしがそう言うのだから、結構説得力があるでしょう?
 このブログでジェフが初登場したのは、2008年の大晦日。その一年で最も衝撃をうけたギタリストとしてジェフの名をあげました。これには自分でも驚いた・・・ヨークやディアンスの作品を必死で練習していたわたしが、年間最優秀ギタリストに選んだのがジェフ・ベックだったんですからね。その2ヶ月後、埼玉スーパーアリーナでベックとクラプトンの共演コンサートをみて、ますますベックの虜になっていきました。あの日のジョイント・コンサートについては、「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」というシリーズでレポートしていますが、このビートルズの代表的なバラードのカバーは、2009年度グラミー賞ロック・インストルメンタル部門の最優秀作品に輝きました。まことに妥当な評価ですね。フィギュアの世界でも、こういう真っ当な審査をしていただきたいものです。

001ベックツアー

[情緒と激情]の続きを読む
  1. 2010/04/25(日) 23:40:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本家魯班13世

03 | 2010/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search