FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ブロッサム・ギャラリー(Ⅰ)

研究所パース


学内コンペで優秀賞を受賞!

 本学サステイナビリティ研究所拠点施設に係わる学生のアイデアコンペが実施されました。4月21日に募集要項が発表され、締め切りの5月10日まで研究室メンバーほぼ全員で「ブロッサム・ギャラリー :サス研拠点施設ビオトープ化構想」と題する設計案に取り組みました。ASALABが得意とする復元設計ではなく、木造の環境共生建築の設計でしたが、「歴史とエコロジー」を現代に活かす設計はとても楽しかったですね。先週(6月3日)、その結果が学内ホームページの掲示版に掲載されました。設計者にはいっさい通知がなく、いきなり学生掲示板に順位を掲載するという穏やかでない発表形態に一同騒然となりましたが、ゼミ生諸君の健闘の甲斐あって、応募8作のなかで最高位にあたる優秀賞2点のうちの1点に選ばれました。コンペでの受賞は安土城見寺本堂復元設計(2008年)以来です。今回の受賞を記念して、「ブロッサム・ギャラリー」の設計内容を各担当者がブログに連載していく予定です。どうか御期待ください。

 20100608要綱 20100608要綱2
↑募集要項(クリックすると画像が大きくなります)

研究所敷地
↑敷地写真


1.目的・主旨

 某研究所施設の建築計画において、鳥取県、本学の特徴を活かした意匠、機能、自然エネルギーの活用、コスト縮減などについて、アイデアを募集する。次の点を考慮すること。
  ・木造建築としてのデザイン
  ・環境共生建物としての提案
  ・本学の統一された建築景観への調和融合に配慮し、隣接するビオトープや既存植物を
   有効活用する。

2.設計条件

1 敷地
 本学構内 ビオトープ東側緑地内(↑)

2 施設仕様
 構造:木造平屋建  延床面積:225㎡
 その他:使用部材は県産材とし、40立米以上使用すること。
     梁や柱の軸組が見えるなど、伝統的な軸組工法の魅力が
     伝わるものとすること。建物敷地はビオトープに隣接して
     おり、採光等を工夫して自然との共生をイメージした建物
     とすること。

3 所要諸室
 研究室1:研究者の研究場所(ハード中心)、実験実習、打ち合わせ
 (55㎡※倉庫10㎡を含む):                  
 研究室2(45㎡):研究者の研究場所(ソフト中心)
 展示スペースギャラリー:研究成果の展示、来場者の休憩場所、ミーティング
 (70㎡※倉庫10㎡を含む)
 管理室(25㎡):事務室、所長室
 共用施設(30㎡):トイレ、給湯室、研究資料用書庫

4 外構関係
 ・敷地内の立木及び、工作物については、建物への支障が生じる場合は移設する。
 ・敷地のうち100㎡程度を屋外作業場として整備する予定(覆い屋根を別途整備)
  であり、そのスペースも勘案して建物の配置を検討すること。
 ・併せて、作業場へ資材を搬入するため、車路進入路と2トントラックが横付け
  できるスペースを確保すること。  

[ブロッサム・ギャラリー(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2010/06/08(火) 17:59:43|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

05 | 2010/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search