FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

摩尼寺「奥の院」発掘調査日誌(Ⅲ)

P1050690kai.jpg


さて、遺構検出!!

 8月5日(木)。暑い日が続きますが、発掘現場は風がよく通り、木陰も多くて清々しい涼しさに満ちています。本日は轟と武蔵が午前に期末考査のため、午前中の作業をエアポートさんとナオキさんの2人でこなさなければなりません。そこで、部長さんとドゥンビア(きっかわ)さんが応援に駆けつけてくれました。やはり普段人手が少ない分、みんなが集まったときに一気に作業が進むのはうれしいです。本日の作業内容は、除草作業の残り、トレンチ用の縄張りとなります。そして午後からは先生も参加し指導されるとのことで、ついに遺構検出がはじまります。

 参加者
  エアポート、ナオキ、部長、ドゥンビア、轟、武蔵、先生 計7名 

 いつものように8時30分に大学に集合し、9時30分に摩尼山に到着。本日は搬入する荷物が少ないため、エアポートさんが住職に挨拶している間、他のメンバーは先に現場に向かいました。10時に現場に到着し、まずは除草作業から。遅れること30分後、エアポートさんが現場に到着し、トレンチ用の縄張りを始めました。縄張りを済ませれば、先生に発掘調査の指導を受ける準備が整うのですが、少しトラブルが発生しました。最初のトレンチの計画図では障害物が多く、3度も縄張りをやりなおしたそうです。この発掘調査ではL字トレンチを2つ背あわせにし、さらに四分法で建物跡の1/2を掘り下げていく予定です。

 一方そのころ、轟と武蔵は11時40分に期末考査が終了したため、12時に大学を出発し、12時30分に先生と門脇茶屋で落ち合いました。それから先生・轟・武蔵の3人で「奥の院」を目指します。先生は「遠いな・・・シビアだ」と言いながらも早いペースで登って行き、現場に到着したのは13時。ちょうどエアポートさんたちが縄張りを終え、除草作業をおこなっているところでした。休憩を済ませ、先生はさっそく唐ぐわを手に取り、表土はぎの見本を学生たちに見せます。
 そして先生の指導を受けながら、学生たちも少しずつ表土を剥いでいきました。「ゆっくりでいいからとりあえず5cmほど掘り下げてみよう」と先生から指示がでます。すると、三和土(タタキ)と思われる建物の基壇土が徐々に見えはじめ、周りの柔らかい黒灰土との境界を見比べ、建物の基壇範囲がおぼろげながら、わかってきました。

[摩尼寺「奥の院」発掘調査日誌(Ⅲ)]の続きを読む
  1. 2010/08/06(金) 20:14:51|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

07 | 2010/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search