FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

摩尼寺「奥の院」発掘調査日誌(ⅩⅠ)

RIMG1189.jpg


残暑厳しき、発掘現場

 8月18日(火)。近頃発掘現場も暑くなり、お盆前の涼しさはどこへやら…日差しの当たる場所での作業はこたえます。今の現場の暑さはお盆前より厳しいでしょう。日向で作業している者と日陰で作業している者の汗の量がずいぶん違いました。日向で作業していた方々は昼休みにぐったりとされていました。

 この日の作業は先生が来られるまで実測用グリッドの設置をおこない、C区の畦の撤去、D区の表土はぎを各自が併行して進めていきます。先生が来られてから全員が遺構検出・・・
 D区の表土はぎをおこなうと同時に、B区の畦を撤去した部分の長形大土抗のきわを見つける作業をおこないました。8日にタクオさんが見つけ出した「埋もれた礎石」の手前で閉じることが判明しました。しかしC区でも五輪塔の廃棄土抗が検出されました。これらを見ると南北軸では土抗の列がほぼ並んでいるようにみえます。しかし、このC区でバラけて見られる廃棄土抗のようなものは東西軸で礎石とも対応しているようで、礎石の抜き取りあとに遺物を廃棄した可能性もあるため、慎重に観察していかなければなりません。

 一方、D区は土層の変化がわかりにくく、斑になっているタタキと黒灰土の見極めが難しい場所であるため、よく目を凝らしながら表土をはいでいきました。このD区の表土はぎをしているメンバーのこの日のミッションはA区で検出されたタタキとの繋がりを見極めることです。A区からのタタキの伸び方を見ながら、境界を見つけていきます。D区の遺構検出で苦労しているなか、チャックさんが、D区の端にある落ち込みの表土を剥いでいると、礎石と思われる石が検出されました。ただし、平坦面はみられませんので、元の位置から反転して崩れ落ちたのだろうと思われます。

P1050925.jpg

[摩尼寺「奥の院」発掘調査日誌(ⅩⅠ)]の続きを読む
  1. 2010/08/20(金) 00:25:18|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

07 | 2010/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search