FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

摩尼寺「奥の院」発掘調査日誌(ⅩⅩⅡ)

R0010455.jpg


いまごろでてきた上層の礎石

 8月29日(日)。遺構の掘り下げを引き続きおこないました。午前は西側の崖に接するC区とB区に集中して作業を進めました。昨日武蔵くんが担当していたC区には轟が加わり、しばらく凝灰岩の高さまで掘り進めていくと、凝灰岩面よりも高い位置で平たい礎石が検出されました。石の形状から上層の礎石であることは間違いなく、以後は上層礎石の面の高さで掘り下げをとめました。西側の崖と接する部分で、わたしたちがタタキと思っていた表面30㎝ばかりの堆積層は、上層建物が廃絶後に上層基壇を覆うように盛られた土だったのです。おそらく崖面からの土砂流出を防ぐための盛土だったのでしょう。ということは、昨日C区で取り上げた土器の土層は「タタキ」として取り上げましたが、ひょっとすると、上層基壇を覆う「盛土」に包含されるものだったのかもしれません。要注意です。盛土の下からでてきた礎石は17日に検出された礎石とレベルが近く、方位も東西方向で一致し、さらにその向こうの礎石とも方位を揃えています。この結果、東西方向の柱間の復元が可能になりました。いまのところ、柱間は7尺前後と推定しています。
 B区の長形大土抗も掘り下げましたが、凝灰岩は土抗の底全体にひろがっており、崖面の下にくい込んでいます。C区の武蔵トレンチの凝灰岩石敷が崖面の直前でとぎれ、崖のエッジと平行に並んでいるのとは対照的な状況が確認されました。さらに午後には、C区掘り下げトレンチの南端から平たい石がさらに2つ検出されました。C区西端ではすでに基壇もしくは亀腹の縁石のように並ぶ石列を確認していますが、その延長線上に並んでいます。

C区で新たに検出された礎石 C区の端で検出された縁石風の石 
↑C区上層礎石          ↑C区 縁石風の石列 

崖下まで伸びる凝灰岩の石敷き
↑B区長形大土抗の底にひろがる凝灰岩石敷 
[摩尼寺「奥の院」発掘調査日誌(ⅩⅩⅡ)]の続きを読む
  1. 2010/09/01(水) 00:00:10|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

08 | 2010/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search