FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

遥かなまち、くらよし探訪(Ⅶ)

101004_1.jpg


重伝建の外側へ

 10月4日(月)。だんだんと秋深まる今日この頃、夏の猛暑に耐えかねて紅葉する前に枯れてしまわないか心配な木々を横目に、今日も倉吉へとやって参りました。これまで重伝建地区内および重伝建に近い区域での風景・昭和レトロ要素の調査を積み重ねてきましたが、今後の計画・設計をみすえ、昭和レトロ街の具体的な設計エリアを構想するため、今回は重伝建区域の外へ飛び出すことにしました。

 具体的には、西町エリアより西の、鍛治町・河原町エリアで、これまでの調査でも幾度となく歩いた町並みではありますが、あらためて視察調査を行いました。鍛治町・河原町では、浅川研究室が2002年~2004年の旧陣屋町エリアの町家調査で、建造物悉皆調査が行っており、報告書も刊行しています。

101004_5.jpg

 さて、昭和レトロ街の敷地案を考えるにあたって、わたしたちが特に考えるべきことは、
・重伝建地区の外側とするか、内側とするか
 重伝建との共立・調和を考えると外側が望ましいかもしれませんが、あえて内側へつくる案も考えられます。
・「遥かな町へ」に描かれる風景との関係が深く、谷口ジローをテーマとして「昭和レトロ」という魅力をあらためて創出できる
・看板建築や近代建築が残る場所で、昭和レトロを復元するにふさわしい場所であること
・看板建築が残されていると同時に、空き地・町家なども混在し、新築設計・町家コンバージョンなど、幅広いデザインに挑戦できる
 ……などではないかと考えています。

 この視点から、今回あらためて町並みを観察すると、現時点では仮に3つの案が考えられました。もちろんこの案は、今後も変化していくことと思いますが、今回浮かび上がった3つの候補を追記で詳しく述べていこうと思います。

敷地エリア候補案(仮)
 ①瀬崎町エリア
 ②河原町エリア
 ③西町エリア

[遥かなまち、くらよし探訪(Ⅶ)]の続きを読む
  1. 2010/10/07(木) 23:27:00|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2010/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search