FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

遥かなまち、くらよし探訪(ⅩⅠ)

P1000965s.jpg
 

雨の打吹山

 10月8日(金)。わたくし竹蔵は単位不足のため授業があり、「本日も、わたしは汽車で鳥取-倉吉へ……」と、今回もきっかわさんは汽車の旅となり、後ほど合流する予定だったのですが、学校の掲示板をみると、午後の講義が休講! ただちにくらよしへ直行しました。
 そして、風景データベースの調査をしていたきっかわさんと合流し、次回プロジェクト研究4の下調べをおこなうために打吹山の展望台へ。目的は、打吹玉川重要伝統的建造物群保存地区(重伝建地区)と本町通り商店街の全景を俯瞰することで、絶景のポイントを探しました。
 本日は、残念ながら雨の降る中の調査となりましたが、「森林浴の森100選」に選ばれている打吹山は流石の一言。緑に囲まれた緩やかな道を登ってゆけば、優しい雨音とキンモクセイの香りが心を和ませます。晴れの日には、きっと優しい木漏れ陽がさすのでしょう。そんな感じで自然を楽しみながら山を登っていたのですが、一つ目の展望台で大きな問題が。山道で私達を優しく迎えてくれた木々。しかし、彼等のおかげで重伝建地区も商店街も見えません。

P1000962s.jpg P1000968s.jpg

 ですが、登り始めてまだ10分。気を取り直してもう一つ上の展望台を目指します。整備された遊歩道をすいすいと登って行くこと5分。早々と目的地の正面展望台に到着。さっそく登って確認してみると、景色はとてもキレイなのですが……やはり町は見えませんでした。ならばと、二人は打吹山頂へ。打吹山には室町時代、伯耆国の守護所として打吹城が築かれました。江戸時代初期の一国一城令によって廃城となり、今はもう存在しませんが、城跡は残っています。本丸跡ならば城下町の全景が一望できるはず! 期待をもって再び歩みを進めます。
 しかし、今までの遊歩道とはうって変わり、どんどん険しくなってゆく山道。まるで摩尼寺奥ノ院を登っている感覚です。これは2年生に文句言われちゃうかな……。しかも、雨でぬかるんだ地面が滑る。なかなか過酷なハイキングとなりました。
 登り始めて30分程で無事本丸跡に到着。しかし、皆さんの御察しのとおり、またもや町の全景は見れませんでした。その後も調査を続けたのですが、危うく遭難しそうになり、これ以上は危険と判断。結局、眺望ポイントを見つけることができませんでした。
 2回目のプロ研の内容を考えなければ……なにごとも上手くいかないこの頃です。(武蔵)

P1000972s.jpg P1000986s.jpg
 ↑正面展望台からの全景    ↑打吹城本丸跡からの全景
  1. 2010/10/14(木) 23:21:13|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

遥かなまち、くらよし探訪(Ⅹ)

20101007_3.jpg


ようこそ、遥かなまちへ!

 10月7日(木)。本日はプロジェクト研究2の第2回授業日です。P2メンバーのふたり、Nさん&Kさんは、授業として倉吉を訪れるのは初めて。いつも以上に賑やかな車内となりました。
 倉吉到着後は、まず昨日も見学させていただいた重伝建地区内建物の修復現場へ。根継などの古材を残す手法について再度詳しくお話を伺うことができました。そのままみんなで重伝建地区を歩きつつ、一行の足は倉吉市市役所へ。文化財課にて、Sさんに今後の「看板建築修景」事業の進め方についてお尋ねするのが主な目的です。
 看板建築の修景については、どこまでやれるか、まだまだ未知数ですが、ひとまず建物の実測までの道筋はなんとか見えつつあります。じつは実測初挑戦のわたしたち…先生、先輩方、ご指導どうぞよろしくお願い致します! でもまずは、教本片手に勉強していこうと思います。
 20101007_1.jpg 20101007_2.jpg

(左:工事現場見学 右:観光課にて)

 そのあとは、Sさんのご紹介により、倉吉市産業部商工観光課へ赴き、「遥かなまち観光係」のSさんに倉吉市の観光事業についてお話していただくことに! 現在の「遥かな町へ」に関する観光事業を調査することは、昭和レトロ街構想に向けての基礎研究の1つです。赤瓦、『遥かな町へ』関連の取り組み、レトロ探索など、現在おこなっている観光事業について、幅広くお話を伺わせていただくなかで、「倉吉市の魅力」をあらためて考えさせられました。Sさんは倉吉を、観光地としての魅力だけでない、「生活の匂い」が残る落ち着いたまちとして、もっともっと全国に発信していきたい、と語ってくださいました。
 また、「レトロ」はどの時代をターゲットにしたものなのか?という話題にもなり、倉吉市では。だいたい江戸~昭和など広く設定しているが、時代というより、「今はもう見られないもの」「懐かしいと感じてもらえるもの」ということを重視しているとのことでした。わたしたちが目指しているのは「昭和レトロ」をテーマとしたまちづくりですが、「失われつつあるものを保存し、まちの財産にする」という基本の考え方はどちらも同じ。現在の観光事業とリンクして、より倉吉の魅力を発信できる構想になれば…と思います。

 文化財課Sさん、ならびに、観光課Sさんには、貴重な御時間を割いていただき、本当にありがとうございました。

[遥かなまち、くらよし探訪(Ⅹ)]の続きを読む
  1. 2010/10/14(木) 10:11:19|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2010/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search