FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

摩尼寺「奥の院」発掘調査日誌(ⅩⅩⅩⅩⅩⅧ)

20101017_1.jpg


全員集合!

 10月16日(土)。今日はおなじみASALABメンバーにプロ研2「歩け、あるけ、アルケオロジー」の1年生たち4人も加わり、賑やかな1日となりました。作業内容は、以下のとおりです。

 (Ⅰ)断面の線引き・作図
 (Ⅱ)平面の実測
 (Ⅲ)作図の終了した断面の写真撮影
 (Ⅳ)B区長形大土坑集石遺構の掘り下げ
 (Ⅴ)Ⅲ区(岩陰トレンチ)掘り下げ
 (Ⅵ)下層井戸遺構の平面検出
 (Ⅶ)D区台形トレンチの平面検出
 (Ⅷ)岩窟のスケッチ
 (Ⅸ)Ⅰ区(平坦地)の地区割り【P研2】

+++

(Ⅰ)断面の線引き・作図
 午前は、推定・下層井戸遺構北壁の作図をエアポートさんが、C区西壁突出トレンチ南壁の作図と平面実測を轟くんが担当。どちらも午前中に作業を終え、午後からはエアポートさん…C区西壁L字トレンチの線引き・断面図、轟くん…長形大土坑集石遺構の断面図の作成に着手しました。写真は、寝そべって断面を見る轟くん。「やっと地面に寝そべって断面を見るようになったな」と先生は満面の笑みでした。
20101017_3.jpg

(Ⅱ)平面の実測
 轟くんが断面図を作成したC区西壁突出トレンチ南壁の平面を実測。また、Ⅲ区・岩壁トレンチの掘り下げのあと<後述の「(Ⅴ)Ⅲ区掘り下げ」参照>、すぐに平面の実測へ。こちらはタクオさん・エアポートさんが担当。

(Ⅲ)作図の終了した断面の写真撮影
 土層の線が確定し、作図が終了次第、断面の記録写真を撮っていきます。A区炭入土坑 礎石据付穴・礎石抜取穴、A区礎石落とし穴、B区L字トレンチ南壁を撮影。深前回の断面図撮影と同じく、まず撮影日付・遺構名・方角(「E→W」など)を記入した紙を撮影、その後当該断面を撮影。それぞれF4フィルムカメラ・RICOHカメラを携えた武蔵・ドゥンビアが撮影して回りました。

(Ⅳ)B区長形大土坑集石遺構の掘り下げ
 既に短いトレンチを掘り下げている集石遺構ですが、石をはさんだその反対側(北側)にも掘り下げを拡張、下層の凝灰岩盤が続ていることをナオキさんが確認。南側の断面作図が終了していなかったことと、ベルトを残す意味合いもあり、間にベルトを作っての掘り下げとしました。<(Ⅰ)断面の線引き・作図の写真参考>
(Ⅴ)Ⅲ区(岩陰トレンチ)掘り下げ
 Ⅲ区については、タクオさんが掘り下げをおこないました。ここでも根に苦戦。根付きにくい場所にも根を下ろし、たくましく伸びていく植物の力強さには本当に驚かされます。午後には実測まで進み、レベル取りもおこないました。
20101017_4.jpg


[摩尼寺「奥の院」発掘調査日誌(ⅩⅩⅩⅩⅩⅧ)]の続きを読む
  1. 2010/10/20(水) 23:37:32|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

摩尼寺「奥の院」発掘調査日誌(ⅩⅩⅩⅩⅩⅦ)

掘り下げと作図

岩盤は続く

 10月15日(金)。B区・D区で掘り下げ、A区で断面作図・注記など、さらにⅢ区の平面実測をおこないました。

 昨日掘り下げ始めた「B区長形大土坑集石遺構縦断トレンチ」では、長形大土坑から凝灰岩盤が続いていることがわかったため、今日は集石遺構付近でエリアをひろげてみることになりました。すると、拡張した部分でも凝灰岩盤が面的に連続しています。その横では轟くんが長形大土坑側から断面の線引きと作図を進めていきました。一方、13日に設定した「D区北壁突出トレンチ」もエアポートさんが掘り下げをおこないました。安山岩はいったい何なのか、元位置にあるのか、動いているのか、の確認です。ひょっとしたら、下層礎石が反転したものかもしれません。

 B区凝灰岩盤 C区安山岩盤
左:集石遺構付近の凝灰岩盤  右:D区北壁からのびる安山岩盤

 「A区L字トレンチ北壁深掘り」では、昨日半分ほど部長が作図したので、その残りを引き続き作図。また、深掘りの東端部分はまだ下げきれていなかったため、作図の横で同時にきっかわさんが掘り下げていきます。途中、土器が2点(一つは土師器)見つかり、そのままでは掘れないので、取り上げもおこないました。先生は午前中、「A区礎石落とし穴」と「A区炭入土坑」の注記をおこないました。しかし、両方とも穴の底まで掘り下げられていなかったので、部長ときっかわさんは午後からそれぞれの掘り下げをおこなうこととなりました。さらに、炭入土坑は注記の際によく見ると、穴の切り合い関係が逆になっていることもわかったので、その部分の修正もすることに。落とし穴はそれほど穴も深くなかったため、今日の作業終了までには断面への描き入れと平面図の修正も終わりました。

 午後からは人数も増えたので、さらにⅢ区の平面実測、A区L字トレンチ北壁深掘り東端の掘り下げもおこないました。先生は「A区井戸北壁」の注記作業へ。しかし、以前の図面をコピーしたものに作図した断面図を使用したため、2時間かけて注記が終わった図面は修正した土層の線と文字が乱れ飛んで、見えにくいものに。先生もふらふらです。いつものことですが、学生の土層図をチェックするとき、先生は・・・

  「なに、これ・・・全然みえてない・・・わかってない・・・
   あぁぁぁぁ~~発狂しそうだ・・・」

などと独り言の連続です。それを聞いている学生は冷や汗タラタラ。今回の図面はとくにひどかったようで、結局、翌日エアポートさんが作図し直すことになってしまいました。
 明日も引き続き掘り下げや掃除、作図のやり直しなど様々作業がありますが、アルケオロジーの一年生たちもやってきます。効率よく作業を進めながら一年生のサポートもできるよう、作業の振り分けが重要な一日となりそうです。(部長)

A区炭入土坑
↑A区炭入土坑は二つの穴に分かれることが判明した

  1. 2010/10/20(水) 10:45:02|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2010/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search