FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

摩尼寺「奥の院」発掘調査プロジェクト公開検討会 (第2報)

マニチラシ


 大車輪で作成してきた公開検討会のチラシが22日(月)に完成しました。上はチラシの表面の圧縮画像です。下に表裏ともサムネイルで掲示しておりますので、クリックしていただきますと、拡大されます。裏面にスケジュールを記しておりますが、ここにも示しておきましょう。


摩尼寺「奥の院」発掘調査プロジェクト公開検討会

  日時 2010年11月27日(土)13:00~16:00
  会場 喜見山摩尼寺「奥の院」(鳥取市覚寺624)

  スケジュール

第Ⅰ部(会場:門脇茶屋喫茶部土産物販売エリア)
  13:00 ご挨拶
  13:10 摩尼寺「奥の院」の発掘調査概要
      発表:岡垣頼和(鳥取環境大学大学院修士課程)
          *パワーポイント使用
  13:30 出土遺物の公開と検討
  14:00 「奥の院」発掘調査現場へ移動

第Ⅱ部(会場:摩尼寺「奥の院」発掘調査現場)
  14:30 遺構の説明と討議
  15:30 下山
  16:00 解散

 検討会チラシ表面1 検討会チラシ裏面1発掘調査現場への移動は険しい山道ですので、長袖、長ズボン、タオル、飲み物、しっかりとした靴が必要です。




 【続き】に「公開検討会の趣旨」を掲載しています。

[摩尼寺「奥の院」発掘調査プロジェクト公開検討会 (第2報)]の続きを読む
  1. 2010/11/23(火) 12:31:41|
  2. 講演・研究会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

遥かなまち、くらよし探訪(ⅩⅨ)

P1020793s_20101120232638.jpg


屋根裏はつらいよ-実測調査2

 気が付けばもう11月18日(木)。プロ研のブログは2年生担当のはずですが、二人とも課題の〆切に追われているため、今回はわたくし竹蔵がお送り致します。

 今回のプロジェクト研究は看板建築の実測調査ということで、いつもの4人で倉吉へ。しかし、2年生の二人は徹夜明けで始める前からダウン寸前。実測の指導者も居ないというこの状況はなかなか……。それでも時間は待ってはくれないのでいざ実測! きっかわさんと2年生は全体平面を。私は断面図を完成させるため人生初の屋根裏へ。

 押入れの天井をずらし、いざ進入! と思ったら屋根裏はホコリの巣窟。目と鼻を蝕まれながらも作図に努めます。今回は意外と順調。下の様子を見に行くと、そこにはもう計測の作業に入った2年生が。図面を見ると、ウマッ!早っ……「俺より全然上手じゃん」ともとから無い自信を更に喪失。なんでも、一度ほかの授業で寺院を実測したことがあるとか。びっくり即戦力です。

 少し心挫けながら作業を続けていると、タクヲさんが合流。タクヲさんには矩計図を担当してただきながら実測の指導までも。ただ、屋根裏に上ってくるなり「この感じ懐かしいなあ」とホコリ舞う中はしゃぐタクヲさんはとても楽しそうに見えました。

 今回、いつもは発掘調査を頑張っている摩尼山組も長谷寺で実測調査。ASALAB一同くらよしに全員集合、全員実測の1日でした。では、今回はこの辺で失礼致します。
 卒業を夢見る竹蔵でした。(竹蔵)

P1020790s.jpg   P1020797s.jpg   P1020803s.jpg




  1. 2010/11/23(火) 12:30:08|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

10 | 2010/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search