FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

トイレの神様

 元旦の夕方、一家をあげて特養の母を訪問した。母は「笑点」が大好きで、ちょうどその時間に子と孫がベッドを囲み、全員で大笑いした。母はとても楽しそうだったが、ふと涙を流した。

   昨日の紅白は「トイレの神様」がいちばん良かったなぁ・・・

と言う。

   うん、あれが本当のレコード大賞だよね

とわたしは答えた。

 紅白歌合戦という番組は、あまり好きではなかった。ちゃらちゃらしたアイドルと演歌の大御所の集まりにうんざりして、毎年、裏番組の格闘技かバラエティを視ていたのだが、この晦日は最初から最後まで紅白を視続けた。植村花菜の歌う「トイレの神様」を紅白というライブの場で聴きたかったのである。この曲にであったのは、その2日前のこと。ラヂオに流れる「トイレの神様」を耳にして「いい曲だな」と思い、ただちにアマゾンに注文すると、翌日には『わたしのかけらたち』というミニCDアルバム&DVDが届いた。なんども「トイレの神様」を聴き、DVDを視て、涙腺がゆるゆるになった。それが30日のことである。

 司会の松下奈緒は泣いていた。唄が終わったあとではない、植村花菜を紹介する前ふりのスピーチを懸命に続けるのだが、目はうるうるで、涙がすでに溢れている。気持ちはよく分かった。この曲を聴いて、心を打たれた者なら同じようになるだろう。いやむしろ、涙が溢れて泣いてしまい、スピーチできなくなる方が普通であり、女優を職業とする松下は泣きたくなる気持ちを必死で抑えながら司会という職務を全うしようとしていた。
 画面がステージの植村に切り替わった。植村は目を閉じて上を向いている。あれは祈りであったにちがいない。初出場の大舞台で自分が唄を歌いきれるかどうか不安な気持ちがあったのだろうが、彼女には彼女を守ってくれる祖母が天にいる。唄を歌う自分を励ましてくれるよう祖母に祈っていたのだろう。イントロはない。深呼吸をしてから弦をつま弾き、声を出す。
 植村も松下と似ていた。徐々に涙目になっていくのがみてとれた。しかし、彼女は泣き出して、歌をやめるようなことはしなかった。歌を聴く多くの人びとは泣いていただろう。しかし、植村は立派に「トイレの神様」を歌いとおした。8分近い尺を与えられた歌手は例外である。しかし、その長い尺を「長い」と感じた聴衆は例外だと私は信じている。歌い終わった植村は、「ありがとうございました」と言って深々と頭を下げた。

[トイレの神様]の続きを読む
  1. 2011/01/02(日) 00:20:12|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

12 | 2011/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search