FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

恋の影

 年末の大分をレンタカーでドライブしている間、取り寄せたばかりの2枚のCDをずっと聴いていた。いずれも、青江美奈のニューヨークでの録音アルバムである。一枚は『The Shadow of Love』、もう一枚は『Passion mina in N.Y.』。
 青江美奈はもともとジャズ・シンガーであった。岩波洋三のライナーノーツによると、クラブ歌手時代の芸名は「鈴原志麻」といったらしい。1965年、ビクターレコードにスカウトされ、青江美奈として「恍惚のブルース」でデビューする。以来、森進一と並ぶハスキー&ため息路線の演歌歌手代表として昭和の歌謡界に君臨したことはだれでも知っていよう。演歌歌手としてのイメージが強烈だが、ちあきなおみ以上に、歌のルーツにあるのはジャズであり、『The Shadow of Love』(1993)でその真骨頂を聴くことができる。名をあかさなければ、歌い手を「ヘレン・メリル」と答えるリスナーすらいなくはないだろう。とりあえず『The Shadow of Love』の曲目ラインアップをご覧下さい。

   1. Cry Me A River
   2. It's Only A Paper Moon
   3. The Man I Love
   4. Love Letters
   5. Lover, Come Back To Me
   6. Bourbon Street Blues
   7. Harbour Lights
   8. When The Band Begin To Play
   9. What A Differance A Day Made
   10. Green Eyes
   11. Gray Shade Of Love
   12. Sentimental Jorney
   13. Honmoku Blues

 これらのスタンダードを名うてのミュージシャンをバックに青江美奈は英語で見事に歌っている。フレディ・コールとマル・ウォルドロンがほぼ交互にピアノとアレンジを担当しており、コールはときにボーカルも務める。青江とコールの声質はよく似ていて、息もぴったり。さすがにマルは歌っていないけれども、「マル・ウォルドロン」というネームは、ジャズ好きにとって、「セロニアス・モンク」や「エリック・ドルフィ」に匹敵するほどの重みがある。マルがピアノを弾き、アレンジをして、青江美奈が歌っているという情報をえた段階で「即買い」を決断しなきゃ男じゃない。

[恋の影]の続きを読む
  1. 2011/01/07(金) 00:17:08|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

12 | 2011/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search