FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

仮想ライブ(Ⅰ)

 『The Shadow of Love』から2年経った1995年、青江美奈は再びニューヨークに渡り、凄腕のジャズ・ミュージシャンをバックに熱唱し、『passion mina in N.Y.』を世に出した。こんどは英語のスタンダードではなく、自分の持ち歌を日本語で歌い、そのバックをジャズ・ミュージシャンで固めている。しかも、「仮想ライブ」の形式をとる先駆的なアルバムがここに誕生した。青江は95年の渡米時、ニューヨーク・レインボールームでのチャリティー・ディナーショウに出演しており、おそらく拍手や挨拶は、そのコンサートの録音を使っているのだろうが、すべての歌と演奏はスタジオ録音である。こちらのアルバムもラインナップにご注目いただきたい。

  1. オープニング“Moanin'”~伊勢佐木町ブルース
  2. 長崎ブルース
  3. 池袋の夜
  4. 国際線待合室
  5. New York State Of Mind
  6. 上を向いて歩こう
  7. Love Is Forever
  8. 白樺の小径
  9. 淋しい時だけそばにいて
  10. 恍惚のブルース
  11. 女とお酒のぶるーす~エンディング“Moanin'”

 なにより驚くのは、仮想ライブのオープニングとエンディングに「モーニン(Moanin)」をもってきていることだ。ご存じのように、「モーニン」はアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズのテーマ曲である。 アルバム『モーニン』(1958)を発表したころのメッセンジャーズは、テナーサックスのベニー・ゴルソンが事実上音楽監督の立場にあったが、バンドのスターはリー・モーガン(tp)だった。モーガンは60年代になって『ザ・サイドワインダー』(1963)で大ブレイクする。いわゆるリズム&ブルース寄りの8ビートジャズであり、ジャズの正統を好む人たちからは蔑まれてきた感なきにしもあらずだが、この流れは脈々としていまも「フュージョン」に受け継がれている。ありがたいことに、この分野ではギターが重要な役割を果たす。ジャズでは超マイナーな存在でしかないギターが、ファンキージャズでは表にでてくる。グラント・グリーンやコーネル・デュプリーの演奏がただちに頭をかすめるが、『passion mina in N.Y.』ではデビッド・スピノザが大活躍している(とくに「長崎ブルース」の演奏が◎)。

[仮想ライブ(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2011/01/08(土) 00:01:01|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

12 | 2011/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search