FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ドーハのアジア杯(Ⅰ)

威風堂々

 前半終了間際、ヨルダン選手の蹴ったボールが吉田の足にあたってゴールした瞬間、「今日は吉田のゲームになるな」と直感した。わるい例を引き合いに出すならば、昨年の南亜W杯のブラジルvsオランダ戦におけるフェリペ・メロのような役割を、吉凶どちらかで、吉田が演じることになるだろうという予感である。

 吉田麻也という選手をわたしはまったく知らなかった。怪我人だらけのCB陣にあって、ヨルダン戦のストッパーがだれになるか注目されたが、「吉田」というアナウンスに首を傾げつつ、その選手を映す画面をみて驚いた。身長187㎝(189㎝とする記事もある)。こんな大柄なストッパーが日本にいたんだ・・・グランパスからオランダのVVVに移籍した選手だと聞かされ、「あぁ、そういえば」とは思うものの、名前と顔がまったく一致しない。しかし、画面をみると、精悍な顔付きをしている。日本が待ちに待った大型センターバックの出現かと胸騒ぎした。

 前半の中ごろ、吉田はバネのきいたボレーシュートでヨルダンのゴールネットをあっさり揺らしてみせた。胸騒ぎの予感が現実に変わったと喜んだ瞬間、オフサイドの判定。あれはオフサイドなのだろうか? 吉田より前に選手はたしかにいたが、吉田のシュートと前の選手の位置取りには関係がない。中東ではなく、東アジアが開催地であったならば、すんなりと得点が許されるケースではなかったか。しばし時間が流れ、前半の終わりを迎えて、こんどは吉田のつま先からオウンゴールが生まれた。日本は1点を追う展開を強いられる。
 後半、香川がトップ下に入り、日本の攻撃は威力を増していった。1-1においつくパターンだ。あれだけ攻め続けていれば、いずれ点が入るだろうと余裕をもってみていたが、2枚カードを切っても、なおゴールが奪えない。解説者が「3枚めのカードが切りにくい状態になりましたね」と繰り返した後半30分すぎから、この日はこのまま負けるかもしれない、という不安がよぎりはじめた。右サイドバックの内田を下げて得意の3バック(3-4-3)にシステムを変え、攻撃陣を1枚増やせばよいのではないか、と思っていみていたのだが、ザッケローニは動かなかった。
 
 一方、吉田はといえば、オウンゴールが尾をひいているのだろう、後半になってミスが目立った。フィードの悪さが目につく。

[ドーハのアジア杯(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2011/01/12(水) 13:02:16|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

12 | 2011/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search