FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

木綿街道のこと(Ⅳ)

片原


「木綿街道」悉皆調査(その2)

 2.片原町エリア

 片原町(↑)は新町の通りと直行してつながり、東西方向に通る街道筋に位置している。「木綿街道」は新町から片原町、宮の町と続いており、新町と並んで伝統的な町並みを良く残すエリアである。南側には、街道と同様に矩の手に折れた平田船川が東西の街道筋と平行して流れる。この「片原」という名称は、もともとは街道の北側のみに家並みがあったことに由来する。南側は原っぱで、家が建つのは安政四年(1857)以降のことであるという。また、明治九年(1876)には「片原大火」があり、26棟もの建物が焼失したという。
 町内には「岡屋小路」「出し小路」と呼ばれる2本の路地が設けられているが、新町のそれとは違って河道と街道とを結ぶものではなく、街道から北側の区画への連絡道としての意味合いが強い。ただ、街道を挟んで南側にも河道へとつながる公道が設置されており、やはり水運による物資の運搬に重要であったことを物語っている。

川並片原  小路2  カケダシ2
<左>船川対岸より片原町を望む <中>「出し小路」 <右>船川と街道を結ぶ通路

 街道沿いには約40棟の町家や長屋、土蔵等が軒を連ねている。切妻土蔵造妻入の町家は4棟で、新町に比べると少ない。うち2棟は現在も店舗併用住宅として使われている。町内の北側東端にならんで建っている飯塚酒店(明治初期)と來間屋生姜糖本舗(明治九年)である。ともに明治期の建築で、妻壁に海鼠壁の装飾がみられる。外部の改修がなされているものの、景観を損ねるものではないだろう。とくに飯塚酒店のミセ部分には、蔀戸(しとみど)が使われていたであろう痕跡が残されており、興味深い。この2棟の立地は、近年拡張された片原町と宮の町を区切る道路からよく見え、木綿街道の玄関口としてアイストップの役割を担っている。他の2棟(共に明治3年か?)は片原町中央付近に並んで建っている。他の2棟は住宅および車庫として使われており、外壁に鉄板を張るなど外観の改修が目立つ。形態はよく残っているものの、2棟の両側には新しい年代の住宅に建て替えられており、町並みとしては孤立している感が否めない。

來間飯塚  妻入町家
<左>來間屋生姜糖本舗(手前)と飯塚酒店(奥) <右>連立する妻入型町家

[木綿街道のこと(Ⅳ)]の続きを読む
  1. 2011/01/17(月) 13:03:02|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

12 | 2011/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search