FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

蒼い時(Ⅰ)

 一時期愛読していた平岡正明が『山口百恵は菩薩である』(1983)を出したとき、何を血迷ったのか、と嘆かわしくなり、書店に平積みされている単行本の塊を目にしても、手にとることすらせず、新書コーナーを足早に通りすぎ去った。2歳年下で同じ山羊座の山口百恵を美女だと思ったこともなければ、彼女の歌が好きだったこともなく、中国留学中(1982-84)には、引退後の山口百恵(サンコウパイフイ)の中国内におけるあまりの人気に閉口していた。「なぜ復帰しないのか?」と何度も問われ、「そんなこと知らない、興味がない」と答えるだけだった。

 山口百恵は宇宙人かもしれない、と今は思っている。彼女の自伝『蒼い時』所収の「死」と題する随想に以下のような一節が含まれている。

   ある時、夢とも現(うつつ)とも区別がつかないまま、不思議な情景を見た。
   何を考えるでもなく、ただぼんやりと、自分のベッドに腰かけていた。
   瞬間、段をひとつふみはずしたような衝撃を感じた。その次には、
   信じられないことがおきていた。自分の足元に自分が座っていたのだ。私は
   自分を眼下に見下ろしていた。その部屋の空気の中に、自分の匂いが消え、
   気配すらも消えてしまっていた。下の部屋では、母と妹が何の変わりもなく
   話しているのが見えた。哀しい思いに胸を衝かれたとたん、またさっきと
   同じ衝撃を覚えた。気がつくと、私は自分のベッドに腰かけていた。

 それは、「肉体と魂とが完全に離れてしまった感じ」であり、一瞬の臨死体験だったのかもしれない、とも彼女は述べている。人類が宇宙飛行を経験するはるか以前、かのユングは臨死体験の後に「地球は蒼かった」という感想を披露した。自分の魂が肉体から離れてゆき、はるか大宇宙に飛び立って、地球を見下ろしたとき、そう見えたというのだ。これもまた臨死体験のひとつであって、山口のそれはユングの小型バージョンのように思える。

[蒼い時(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2011/02/16(水) 12:33:21|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

01 | 2011/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search