FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

鵜鷺

ウサギ遠景


 古代出雲歴史博物館での打ち合わせを経て、一行は鵜鷺(うさぎ)地区へと向かいました。卯年にウサギという名の集落を訪れるなんて、今年はきっと良い歳になるでしょう。それにしても、「鵜鷺」と書いて「うさぎ」とはこれ如何に?
 鵜鷺地区は島根半島の西端にあり、出雲大社と北山をはさんで反対側、日本海に面した漁村です。鵜鷺という地名は地図上にはなく、鵜峠(うど)地区と鷺浦(さぎうら)地区を合わせたエリアの総称です。かつては北前船の寄港地として栄えましたが、漁港自体は小さく、住戸は北山と海辺の間のわずかな平坦地に密集して、集落は海岸線と平行に展開し、扇形を呈しています。その町割りは特徴的で、海岸線から放射状に数本の道が設けられて平入りの民家が軒を連ねます。そしてそれらの道に対して垂直に(海岸線と平行に)一本の道が集落を貫いているため、さながら妻入民家の町並み(↓)と勘違いしてしまいました。

ウサギ町並み


 町家等の建造物をみると、建築年代はそれほど古くはないものの、北前船で財を成したためか、一軒一軒の規模が大きく、なかには海鼠壁(なまこかべ)や鏝絵(こてえ↓)などの装飾や養蚕のために備えられた越屋根、風除けの竹壁(間立て=次頁上の写真)などもみられます。
 今回、鵜鷺地区の視察には、「鵜鷺元気な会」会長の藤井さんにご案内いただきました。この会は地元活性化を目的に住民が立ち上げた組織で、HPによる情報発信や、地区内の空家を借り上げて宿泊施設として活用するほか、社会福祉協議会の補助制度を利用するなど木綿街道の振興会同様まちおこしを模索されています。ただ、極端な人口減少に悩まされています。最盛期には1700人ほどだったのが、今では260人にまで減っているとのこと。高齢化率も6割を超え、集落の半数以上が空家となっています。そういった状況が背景にあるからこそ、歴史的町並み景観がよく残ったのでしょうが、今後どのように定住人口問題を解決していくのか。全国の過疎地域に特有な課題をこの地区は象徴的に抱えています。
 先生は、「とてもよい集落だが」と前おきしつつ、

    「巨大化した板井原のようだな・・・」

という感想を漏らしておられました。板井原の良いところもそうでないところも、鵜鷺は大きなスケールで抱え込んでいるという意味だと思われます。

ウサギこてえ


[鵜鷺]の続きを読む
  1. 2011/02/20(日) 12:57:55|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

01 | 2011/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search