FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

南米選手権について

「日本代表 vs Jリーグ選抜」の試合をみて、サッカーに係わってきたことを誇らしく思った。とりわけカズと俊輔の活躍に心を動かされた。トゥーリオも川口も・・・みな、ありがとう。
サッカーは素晴らしい。否、スポーツは素晴らしい・・・

そうこうしていると、「ザック日本vsイタリア、スペイン浮上 南米選手権代替案」というニュースが飛び込んできた。開幕が延期され、南米選手権開催期の7月にJリーグの試合をしなければならなくなったことで、代表クラスの選手を派遣できないからという。

その前には、南米選手権の参加チームを「U-22と海外組の融合にする」という案もでていた。

難しい問題だと思う。サッカー協会は苦慮していることだろう。

ただ、・・・サッカーで最も日本人を勇気づけるのは日本代表チームであることも忘れないでほしい。
普段はサッカーを観戦しない人でも、日本代表の試合だけはみる。
奮い立つ自分がそこにいる。

世界チャンピオン、スペインとの親善試合は、いつでもできる。
南米選手権への参加は滅多にないこと。
南米で試合するときの南米チームはものすごく強い。
これ以上の修行の場もなかなかないのではないか。

「U-22と海外組の融合」案は、魅力的だ。

南米選手権を棄権しないでほしい。
日本代表の奮闘で、日本を勇気づけください。

[南米選手権について]の続きを読む
  1. 2011/03/31(木) 12:10:43|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

02 | 2011/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search