FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

さよなら、マイケル



 オープンチューニング&フィンガーピッキングのアコギ・ソリストをめざす素人が、プロ奏者のカバー演奏をユーチューブ上で披露するのが流行してますね。たぶん、いちばんカバーが多いのはアンディ・マッキーの「ドリフティン」でしょう(↑)。中には、フィリピンのギタリストまで「ドリフティン」してるんですが、例のごとく弦が錆びているので、ライトハンドやレフトハンドだけの音が小さくて、可哀想になってしまいます。
 上の映像にみるように、この演奏はど派手です。ライトハンド奏法、パーカッシブ奏法、タッピング奏法が全部詰まっている。ただね・・・ライトハンド奏法はみてくれほど難しくありません。わたしは、それを「ムーンタン」の演奏で知りました。「ドリフティン」も演ればできるだろうとは思いますが、演りません。これは、若者の音楽だね。50代のおじさんがトライするプレイではなかろうと思う次第です。



 前から挑戦してみたいと思っていたのは、ピエール・ベンスーザンの「ソーロング、マイケル」。アコースティック・ギターの革命児、マイケル・ヘッジスの交通事故死を悼んで書かれた曲です。哀愁をおびたメロディアスな曲ですよね。ベンスーザン本人の演奏は上の映像でしか確認できません。やはりカバーが出ていますが、「ドリフティン」ほど多くはなくて、その理由の一つは、たぶん「ソーロング、マイケル」のほうが難しいからでしょう。アンドリュー・ヨークの「レッティン・ゴー」とほぼ同じくらいの難度だろうと想像しています。ポーム(手のひら)が大きくないと、きびしいでしょうね・・・
 下にカバーをひとつ貼りつけておきます。


[さよなら、マイケル]の続きを読む
  1. 2011/04/19(火) 00:24:15|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

asa

03 | 2011/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search