FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

あなたの蕎麦に




 奈良は蕎麦屋不毛の地です。有名な店がないわけではない。でも、数は少ないし、家から遠いな。蕎麦をたくっていれば機嫌のよい私としては、非常に辛い・・・あっ、そういえば、家のそばに蕎麦屋があったぞ。久しぶりにいってみよう。
 蕎麦匠雀。これが店の名です。蕎麦「匠雀」じゃなくて、蕎麦匠「雀」ですよ。雀は「朱雀」にひっかけてるんでしょうね。わたしの住んでいる平城ニュータウンの地区は「左京」ですが、隣は「朱雀」でして、この蕎麦屋さんの住所を調べると、奈良市朱雀1-8-3 となっています。
 たぶん15年ぐらい前の開店で、蕎麦をいただくのは3回めじゃないかな。蕎麦好きの私がどうしてこんなに通ってこなかったのだろうか。細い記憶の糸を辿ると、開店当初に立ち寄った際、創作蕎麦料理のようなメニューがあって-たとえば「蕎麦サラダ」のような-、それが口にあわなかったような気がします。今回はオーソドックスでしたね。とろろ蕎麦と玉丼定食は普通に美味しかった。きっとまた行くでしょう。

 ここで、音楽です。蕎麦に因む音楽というわけで考えた・・・わけじゃありません。前日に故マイケル・ブレッカー(↑)の『ニアネス・オブ・ユー』(ザ・バラード・ブック、2001)が届いていて、ここにちらっと書きたかったんですね。凄い面子で作ったアルバムです。

   マイケル・ブレッカー(テナーサックス)
   パット・メセニー(ギター、プロデューサー)
   ハービー・ハンコック(ピアノ)
   チャーリー・ヘイデン(ベース)
   ジャック・ディジョネット(ドラム)

 「バラード・ブック」に想定できる当時の最強メンバーと言ってもいいでしょう。だから、買ったわけじゃありません。スペシャル・ゲストでジェイムズ・テイラーが2曲歌っているのね。そのうちの1曲がアルバム・タイトルでもある「ニアネス・オブ・ユー」(↓)。




[あなたの蕎麦に]の続きを読む
  1. 2011/05/07(土) 00:55:39|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

04 | 2011/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search